カンボジアのシェムリアップでおすすめなのはラピュタのモデルになったベンメリア!

カンボジアのシェムリアップに行ったら、まず皆さんはアンコールワットやアンコールトムといった遺跡群に行くと思います。
確かにアンコールワットやアンコールトムもかなり素敵で見応えがありますし、絶対に見ておくべきスポットの1つです。
しかし、私が今回お勧めしたいのはベンメリアと言う遺跡群です。
このベンメリアはあまり認知度がないのですが、アンコール群の一部です。シェムリアップ市内から片道1時間ちょっとかかります。なかなかふらっと行くと言うような距離ではないと思いますが、一見の価値ありです。

ラピュタのモデルになったベンメリア

ベンメリアとは?

カンボジアのアンコール・ワットの約40km東の森の中にある寺院。世界遺産であるアンコール遺跡群のひとつ。崩壊が激しい。全貌が明らかになればアンコール・ワットを凌ぐといわれるほどの規模を持つと推測されている。
引用:Wikipedia

では写真でベンメリアを見ていきましょう。

f:id:kitaji27:20180506121829j:plain

f:id:kitaji27:20180506121832j:plain

f:id:kitaji27:20180506121838j:plain

f:id:kitaji27:20180506121843j:plain

f:id:kitaji27:20180506121847j:plain

いかがでしょうか?
このベンメリアめちゃめちゃ素敵じゃないですか?

私が行ったときには雨が降っていたため、木々に茂った苔が映えてうつっていました。
木々の中に埋まっているので直接的に日光が当たらず1年中コケだらけだそうですよ。

ベンメリアへのアクセス

ベンメリアに行くには現地のオプショナルツアーを選ぶかホテルや流しのタクシーまたはトゥクトゥクで行くしかありません。
そうです、カンボジア(シェムリアップ)にはまだ鉄道が通っていません。
街を見ていると近々で通ることもないでしょう。

流しのトゥクトゥクではぼったくってくるドライバーもいるそうですが、ホテル専属のドライバーやオプショナルツアーでベンメリアへ行く場合は明瞭会計ですのでぼったくられる心配はありません。

私はベンメリアの他3カ所も回ってもらって計7時間ほど専属で車を出してもらいましたが、合計で60ドルで済みました。
なお、冷たいミネラルウォーターつきでした。
私がトゥクトゥクではなく車を選んだ理由は冷房が効いているからです。雨季っていうのもありましたけどね。
またベンメリアは遠方の方で田舎道は舗装が整備されていなかったり、埃を吸ってしまう恐れがあったので車の方がオススメですよ。

もちろんトゥクトゥクでも風を感じることができますし、東南アジアを満喫していると言った実感ができるのはトゥクトゥクなので、大雨でない場合や体力に自信がある方はトゥクトゥクもありですよ。

ベンメリア周辺の飲食店

観光地だけあって、ベンメリアの周辺には飲食店がいくつかありました。
決して数が多いわけではありませんが、私も入ってみることにしました。

f:id:kitaji27:20180506122512j:plain

現地の価格帯からすると少し高めです。
写真の料理+スプライトを頼んで7.5ドルくらいでした。

日本円にすると全然大したことないんですけどね。