ほとんど経費でめでたくANAプラチナ会員になりました。2018年からはSFC会員になります。

出張族になってから「これは飛行機で移動すればマイルが貯められるなぁ」と考えつきました。
いつしか上級会員になることを目指すようになり、無理やりANA便で移動するようになっていました。
仕事では最安料金で行くことを求められていますので、特割を使うしかなく、時には新幹線移動をしなければならないこともありました。
そうとはいえ、会社の経費で飛行機に乗りまくったことは非常に助かりました。

以下、ただの振り返りですが、備忘録として書き留めておきます。

経費でANAのプラチナ会員へ

搭乗履歴

早速搭乗履歴を見ていきましょう。

日付 便名 搭乗区間 加算マイル PP
2017/3/7 NH 0015 東京(羽田)-大阪(伊丹) 231 820
2017/4/4 NH 0313 東京(羽田)-富山 145 664
2017/4/4 NH 0322 富山-東京(羽田) 145 664
2017/4/8 BR 0189 TOKYO/HANEDA – SONG SHAN 1330 1330
2017/4/9 BR 0190 SONG SHAN – TOKYO/HANEDA 1330 1330
2017/4/18 NH 0093 東京(羽田)-大阪(関西) 231 820
2017/4/27 NH 3877 東京(羽田)-北九州 440 1201
2017/4/28 NH 3888 北九州-東京(羽田) 440 1201
2017/5/11 NH 0322 富山-東京(羽田) 145 664
2017/5/16 NH 3877 東京(羽田)-北九州 440 1201
2017/5/18 NH 3888 北九州-東京(羽田) 440 1201
2017/5/22 NH 0015 東京(羽田)-大阪(伊丹) 231 820
2017/6/8 NH 0313 東京(羽田)-富山 145 664
2017/6/8 NH 0322 富山-東京(羽田) 145 664
2017/6/23 NH 0264 福岡-東京(羽田) 467 1250
2017/6/23 NH 3873 東京(羽田)-北九州 440 1201
2017/6/30 NH 0015 東京(羽田)-大阪(伊丹) 231 820
2017/7/1 NH 0028 大阪(伊丹)-東京(羽田) 231 820
2017/7/5 NH 0313 東京(羽田)-富山 145 664
2017/7/5 NH 0320 富山-東京(羽田) 145 664
2017/7/26 CA 0930 TOKYO/NARITA – PU DONG 555 555
2017/7/29 CA 0929 PU DONG – TOKYO/NARITA 555 555
2017/8/21 NH 0313 東京(羽田)-富山 145 664
2017/8/22 NH 0756 小松-東京(羽田) 173 716
2017/9/7 NH 3873 東京(羽田)-北九州 440 1201
2017/9/7 NH 3888 北九州-東京(羽田) 440 1201
2017/9/10 CA 0182 TOKYO/HANEDA – BEIJING CAPITAL 1641 2041
2017/9/10 CA 0905 BEIJING CAPITAL – YANGON 2521 2921
2017/9/15 CA 0906 YANGON – BEIJING CAPITAL 2521 2921
2017/9/16 CA 0181 BEIJING CAPITAL – TOKYO/HANEDA 1641 2041
2017/9/29 NH 0313 東京(羽田)-富山 184 664
2017/9/29 NH 0320 富山-東京(羽田) 184 664
2017/10/26 NH 0266 福岡-東京(羽田) 595 1250
2017/10/26 NH 3873 東京(羽田)-北九州 560 1201
2017/10/31 NH 0013 東京(羽田)-大阪(伊丹) 294 820
2017/11/3 NH 0821 TOKYO/HANEDA – HONG KONG 1275 1367
2017/11/5 NH 0822 HONG KONG – TOKYO/HANEDA 1786 1914
2017/11/7 OZ 1035 東京(羽田)-金浦 227 227
2017/11/8 OZ 8731 KIMPO – YEOSU 97 97
2017/11/9 OZ 8732 YEOSU – KIMPO 97 97
2017/11/11 OZ 1085 金浦-東京(羽田) 379 379
2017/11/23 NH 0885 TOKYO/HANEDA – KUALA LUMPUR SPNG 3270 3504
2017/11/25 NH 0886 KUALA LUMPUR SPNG – TOKYO/HANEDA 3270 3504
2017/12/13 NH 0243 東京(羽田)-福岡 595 1250
2017/12/14 NH 0264 福岡-東京(羽田) 595 1250

搭乗回数は44回に登りました。
そのうち出張で乗ったのは33回、プライベートで乗ったのは11回でした。
プライベートぶんで獲得したPPは22,873ポイントもあったので、出張だけではまずプレミアムポイントに到達するのは不可能でしたね。
ただ、出張で飛行機を使い出したのが3月からですし、1~2月はJAL便を利用していたことを考えますと、あと3,000ポイントくらいは出張だけで貯めることができたのかな?と思います。

自己投資金はいくらだったのか?

f:id:kitaji27:20171224232811j:plain

本格的に上級会員を目指し始めたのが5月くらいからでしたので、それまでは海外旅行もPP単価などを考えずに使っていました。
航空券代はいくらかかったのかな?と振り返ってみます。

4月台北、航空券 + ホテル ¥59,160
9月ミャンマー、航空券 ¥99,570
合計:¥158,730

9月のミャンマーに関しては、当初ANA便で考えていましたが、中国国際航空のビジネスクラスと価格が変わらなかったため、記念にもなりますしPPもがっつり貯めることができるため中国国際航空を利用することにしました。
同じ金額でビジネスクラスに搭乗することができるならやっぱりそちらを選びますよね。

www.tabiblog.jp

11月に行った香港ならびにマレーシアに関しては、すべてANAスカイコインを使用していきました。
出張で貯めたマイルと、アメックスゴールドカードで貯めたポイントを移行して使用しているので全くお財布が痛みませんでした。
こちらに関しては、ANAスカイコインの存在をどう捉えるかによって意見が割れる所でしたが、自分の銀行口座から残高が減らなかったため、よしとしましょう。

現地でかかった食費やホテル代・交遊費などに関しては、観光として割り切って節約せずに散財していたのでカウントしていません。
たぶんですけど、10万以上は使っているのではないでしょうか?

出張でPPを貯めることができるというメリット

修行僧の方みたいにOKAタッチというようなことはしなくて済んだというところにメリットを感じました。
弊社はかなり管理が緩い会社ですので、よっぽど変な金額で移動などしない限り飛行機で移動しようが新幹線で移動しようが何も言われません。
もちろん新幹線 > 飛行機となると指摘されますのでそこは自重していました。
北陸への出張回数が非常に多かったのですが、新幹線で行くと高いですし時間もかかるので、悠々と飛行機を使わせていただきました。

商社さんみたいに出張だけ、プライベートでの搭乗ほとんどなくして上級会員になることができる方達は別にして、私のようなメーカーで営業をしていて月に数回の出張となるとどうしても出張だけでの達成はできません。

同じような境遇の方はハピタス経由でマイルを貯め、そのマイルをANAスカイコインにして搭乗するという作業をすれば、割と簡単に達成することができるかと思います。
www.tabiblog.jp

2018年のANA・スターアライアンスグループ便搭乗計画

せっかくSFC会員になったので、2018年はそのメリットを活かして旅行に行こうと考えております。
あんまり旅行でリゾート地に行ったことがないので、マイルでリゾート地に行こうと考えております。
それまでにマイルも貯めたいので、無理やりANA便を使ってマイルを貯めて行こうと思います。

プラチナ会員になったことで搭乗時のボーナスマイルががっつり入りますからね。
年明けだけですでに九州往復が決定していますし、他にも大阪などにも出張へ行く予定です。
引き続き北陸地方にも行くことでしょうし、夏までにはもう一万マイルほど貯まればいいですね。