トレーニーに必須の最強のタンパク質源!超簡単に煮たまごを作ろう

コスパ・栄養共に最強のプロテイン’たまご’

筋トレをしていくうえで必須なのは’たんぱく質’ですね。

プロテインドリンクを取れればいいですが、他の栄養素もちゃんと取っておきたいところです。

そこで個人的に最強だと信じているのが卵です。

完全栄養食とも呼ばれるほど栄養価が高く、良質なたんぱく質やビタミン(ビタミンCを除く)、ミネラルなど身体づくりに必要不可欠な成分がバランスよく含まれています。食物繊維はないので別途野菜は取らなければならないですが、卵を取っていれば栄養に関してはそれほど心配しなくていいほどだと思います。

Lサイズの卵の栄養素はざっくり以下の通りです。

たんぱく質:7.4g

・ビタミンA:90μg

ビタミンD:1μg

・ビタミンE:0.6mg

ビタミンB12:0.5μg

葉酸:26μg

・ビオチン:15μg

・鉄:1mg

ざっくり卵を二つ取れば、巷で流行っておりコンビニでも購入可能なプロテインドリンクと同じ量のたんぱく質を摂取することができます。

単価にしたら半額以下ですね、コスパ最強です。

簡単煮たまごの作り方

それでは私が作り置きしている煮たまごのレシピをご紹介させていただきます。

私は一切煮込みません、タッパーの中に付け込んで終わります。

必要なのはどこのご家庭にもあるタッパーと醤油・リンゴジュース・調理酒(好みに応じで)です。

私はみりんを一切使いません!みりんを使うと別途砂糖を使わないといけませんし、私の生活スタイル上確実に余ってしまいます。リンゴジュースであれば好きなときに飲めるので…。あとニンニクの臭い対策に優れているためニンニクを多くとる際には一緒に飲んでいます。

さて、卵ですが1パック一気に仕込んでいます。

ここでコツなのですが、皮をむきやすくするために茹でる前に卵の底をスプーンで軽くたたきます。ヒビが入るレベルにやっちゃって大丈夫です、それくらいで中身こぼれたりしませんから。この一手間をかけることで漬け込む前に非常に楽になります。

私は半熟にしたいので7分ほど沸騰したお湯にいれておきます。

お湯から上げたら一気に冷やします。氷水を用意しておきましょう。

卵を冷やしている間にタッパーに醤油・リンゴジュース・調理酒を入れておきます。

比率は醤油2:リンゴジュース1:調理酒0.5くらいです。これはお好みの応じてご調整ください。私はしょっぱめが好きなので醤油多めですが、1:1:1でもいいかもしれません。

そしてタッパーに殻をむいた卵を入れて…終了!以上です!

どうです?簡単でしょ?

スーパーやコンビニでも煮たまご購入できますが、150円前後と非常に高価です。

塵積なのでずっと続けていくとかなりの金額になるので、なるべく自分で作るようにしましょう。Totalでも15分くらいあればできちゃいます。

練習後にご飯を食べられる方はいいですが、私食べれないんですよね…。

それでもちゃんと栄養を取らないと身体のリカバリーができませんし、筋肉をつけたい人にはプロテインたんぱく質)必須です。

下の写真は半日漬けただけですがちゃんと味がしみ込んでいますし、冷蔵庫に保管しておけば日持ちします。

ぜひみなさんも試してみてください!