外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

さくっと馴染みの店に行くということ。

みなさんは馴染みのお店はありますか?
私は東京に出てきてからは、当初あまり外にでることはありませんでした。
最近になって家の周りを色々と開拓するようにしています。

休日は馴染みのお店でのんびり過ごす。

お馴染みの店ができると、休日が充実するんだな、というふうに感じました。
私のアパートの周りではこじんまりとしたお店がいくつもあります。一杯引っ掛けるのに最適な焼鳥屋や、イタリアンバル、BARがあります。

f:id:kitaji27:20180212191723j:plain

最近は1人でバーに行ったり、焼鳥屋に行ったりして1人酒をしています。
もちろんただ黙って食べているだけでは何も面白くはありませんが、店主の方と話をしたり周りのお客さんと交流を持つことで普段話をできないような人たちとの会話ができるのでとても楽しいです。

別にそんなものは必要ない、と言う方も多いかもしれませんが、今まで東京暮らしをしたことがなく知り合いもあまり出ない身としては非常にありがたいです。
飲みに行っても、調べ物がしたいがためにタブレットをいじったりしていることがありますけどね。

なじみの店ができるということの最大のメリットは、気分転換、ストレス発散にあると思います。
普段取引先や社内では気を使うことが非常に多いですが、ちょっとしたお店で気を使うことがないので、おいしいコーヒーや料理を食べながらのんびりすることができできています。
昔は居酒屋で一人酒をしている方達のことを理解できませんでしたが、いまでは自分もふらっと行っています。

わざわざ電車に乗ってふらっとお酒を飲みに行ったり、コーヒーを飲みに行くようなことがしないのですが、徒歩圏内にふらっといけるお店があると行ってしまいますよね。


最初は1人でお店に入るのはハードルが高いように感じる方もいるかもしれませんが、意外と1人でこられている方も多いようですよ。
さくっと訪問して、愚痴なり世間話に華を咲かすことができるお店を探して見てはいかがでしょうか?

きっとで生活が変わりますよ!