外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

バガン・ニャウンウー観光はEバイクで遺跡巡りをしよう。空港でSIMが手に入りますし、タクシーも定額料金で利用できます。

ヤンゴン初日は23:50にヤンゴン空港へ到着したので、その日は空港近くに宿泊し、翌日の早朝にヤンゴンからバガンに向かいました。
朝6:40頃の便ですが、結構混み合っておりました。

バガン・ニャウンウー空港について

まずバガン・ニャウンウー空港について驚いたのが全てがアナログだったことです。
預け荷物はまさかの手押しカートで空港内へ運んでいましたし、そのカートから乗客が各々取り出していく仕組みになっておりました。
出発口の待合室にしか冷房がありませんし、Wi-Fiもつながっておりません。

バガン空港でもSIMカードの購入が可能

ヤンゴン空港でSIMカードを購入したかったのですが、私が到着した時間が遅かったためどのキャリアも閉店しておりました。
諦めてバガンまで着たのですが、バガン空港でSIMカードを購入することができました。

到着口から空港のロビーに入るとこのようなブースがあります。

f:id:kitaji27:20170917134215j:plain

このスタンプと書いてあるアナログなブースでSIMカードも扱っているとのことです。
どう見てもうSIMカードを販売しているようには見えませんでしたが、分からないもんですね。

f:id:kitaji27:20170917134219j:plain

こちらの受付の女性が設定からトップアップ(チャージ)まで全てやってくれます。
たしか1GBのプランだったと思いますが、SIMカード代と併せて6,000チャットを支払いました。
おおよそ日本円にして570円くらいです。
これでGoogle MapやLINEなども使う事が出来ます。

なお、現地でSIMカードの確保に疲弊していた訳ですが、少し高くてもいいからあらかじめ用意しておきたいという方は、日本で出発前に周遊SIMを購入することをお勧めします。
通信容量がきれたときに気軽にチャージできないことがデメリットではありますが、テザリングでPC作業をしたり、動画を見まくらない限りなかなか通信容量が切れたりってこともないかと思います。

なお、下記の国・手順で利用可能です。
【利用可能国】
1. 韓国
2. 台湾
3. 香港
4. シンガポール
5. マカオ
6. マレーシア
7. フィリピン
8. インド
9. カンボジア
10. ラオス
11. ミャンマー
12. オーストラリア
13. ネパール
14. 日本

アクティベーション・設定】
日本国内で出発前にアクティベート可能。ただしアクティベート後の有効期間は8日間となりますのでご注意下さい。
SIMカードを挿入して電源を入れて下さい。アクティベートが自動で始まります。
1. ローミング設定を"ON"にして下さい。
2. 接続ができない場合、APN設定をご確認下さい。
3. iPhone:設定 > 一般 > プロファイル もし他のMVNO用プロファイルが設定されている場合、削除すると通信可能になる場合があります。電源を切り再起動すると通信可能になる場合があります。
4. Android:APN設定をご確認下さい。
5. APN設定
[APN]:Internet
[ユーザ名]:空白
[パスワード]:空白
引用:Amazon



バガン空港のタクシー

空港へ着き出口にでるとタクシーの運転士さんたちが待ち構えております。
また価格交渉をしなければならないのか・・・と構えておりましたが、バガン・ニャウンウー空港から市内までは定額制です。
価格は、下記3か所ごとに料金が設定されていました。
・オールドバガン…6,000チャット
・ニャウンウー村…5,000チャット
・ニューバガン…7,000チャット

私はニューバガンだったので、7,000チャットで住みました。当時のレートで670円くらいでしょうか。
なお、運転士さんはビジネスライクな方で「帰るときに俺に電話してくれ、迎えにくるぜ」と電話番号と名前のメモをくれました。

バガン観光にかかせないEバイク

バガン観光にかかせないものはEバイクですね。

f:id:kitaji27:20170917135606j:plain

私は滞在先のホテルでレンタルすることができました。
8時間で6,000チャット(570円)ほどでした。一日で6,000チャットというところもありますが、まず丸一日も乗り回すことはないでしょうし、8時間経過ごも一時間で1,000チャット(80円)ほどなので、別にいいかと割り切って借りることにしました。

自転車のペダルのようなものが付いているタイプもあるようですが、私がタクシーで借りたものは日本の原付のようなタイプです。
それがガソリンではなくて電気タイプのものですね。

操作方法も至って簡単で、右のレバーを回せば進み、ブレーキを握れば止まるといったシンプルものです。
バッテリーゲージもEバイクについているので、バッテリーがまずくなってきたらホテルに帰るようにしましょう。


自転車で回っている方もいましたが、めちゃくちゃしんどいのでやめておきましょう。
遺跡と遺跡の距離が離れている箇所が多いので後悔すると思います。

バガン観光の必須アイテム

サングラスと日焼け止め

バガンは暑さ・日差しとの戦いです。本当に日差しが強かったです。
「晴天とはこのことをいうのだ」と言わんばかりの晴れ模様が広がっております。
日焼け止めを塗らなかったら一発で焼けてしまうので、忘れないようにしましょう。
まぶしくてつらいと思うのでサングラスも必須アイテムですよ。目がやられてしまいますからね。

サンダル

また、寺院の中では裸足でないと入れません。
いちいち靴下を脱いだりしていると手間ですし、思いっきり汚れるのでミャンマー観光は裸足でサンダルにしていきましょう。

バガン・ビューイングタワーからの眺めはドラクエの世界観

バガンの観光地について検索すると、「ドラクエの世界観がすごい」というレビューをよく目にします。
ドラクエ世代の私も興味津々です。ビューイングタワーという街全体を見渡すことができるタワーに行ってみました。

このホテルの手前がビューイングタワーです。

f:id:kitaji27:20170917141442j:plain


ビューイングタワー

f:id:kitaji27:20170917141653j:plain

入り口で入場料として7,000チャットを支払う必要がありますが、絶景を見ることができます。
なお、9Fでウェルカムドリンクを飲みながら冷房で涼むことができます。

汗だくでいったので冷房とウェルカムドリンクには助かりましたね。

ビューイングタワーからの眺め

ビューイングタワーからの眺めは本当にドラクエの世界でした。
のどかで落ち着きます。街全体360度見渡すことが可能ですので、いかに平坦な街かと言うことを見ることができます。

f:id:kitaji27:20170917141758j:plain

f:id:kitaji27:20170917141802j:plain

このタワーが景観を損ねているために世界遺産に登録されないという意見もあるなど、地元の人たちからはなかなかネガティブなイメージを持たれているみたいですが、個人的にはおすすめです。
こちらから見る絶景はなんとも言えない感動を呼びます。

バガンの観光スポットの数々

又詳しく書きますが、バガンの観光スポットは必見ですね。
見事に晴れ渡っている青空と遺跡とのコラボがより栄えある景色にしてくれます。
Eバイクで15~20分あれば遺跡と遺跡の間を巡ることが出来ますので、ぜひ訪れてみてください。

f:id:kitaji27:20170917142522j:plain

f:id:kitaji27:20170917142535j:plain

f:id:kitaji27:20170917142547j:plain