読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

出張と数ヶ月に一回の海外旅行だけでANAの上級会員/SFCになれるのか?

私はプライベートでANAのマイルをせっせと貯める陸マイラーでした。
しかし、最近仕事で飛行機に搭乗する機会が増えてきたので、なんなら会社の金で上級会員を目指しちゃえ!と思い立ちました。
もちろん、無理に飛行機に乗るようなことはしません。会社に悪いので、東京ー大阪の移動も、飛行機か新幹線か安い方を選んでいます。

飛行機に乗るたびに「出張と数ヶ月に一度行く海外旅行で上級会員になれるのか?」と疑問に思っていたのですが、どうせなので備忘録としてこのサイトに残しておこうと思います。

ANAの上級会員/SFCとは?

プレミアムメンバーになるためには、ANAグループ運航便、スターアライアンス加盟航空会社・提携航空会社の飛行機に搭乗することで獲得できる「プレミアムポイント(略して”PP”)」を貯めていく必要があります。

ANAマイレージクラブ会員のランクは、獲得したプレミアムポイントの量に応じて変わります。
下記の画像をご参照ください。

f:id:kitaji27:20170507215631j:plain

f:id:kitaji27:20170507215707p:plain

プレミアムポイントを30,000ポイント以上貯めることができれば、一般会員からプレミアムメンバーに昇格できます。
そして、プレミアムメンバーになった後もプレミアムポイントを貯め続けていくと、ブロンズ⇒プラチナ⇒ダイヤモンドの順で、段階的に会員ランクが上がります。

あとで説明しますが、私が目指しているのは真ん中のプラチナメンバーです。

プラチナメンバーになるにはいくら必要か?

さて、前述の通りSFCを手に入れるには、50000ポイントが必要です。

よく言われるのが無理やり羽田ー那覇のプレミアムクラスを8往復してプレミアムポイントを稼ぐ修行といわれる行為です。

だいたい片道で4.8万〜5.2万円くらいらしいので、羽田ー那覇間だけで上級会員になろうとすると、片道を約5万円と仮定して、80万円の費用が必要になります。

これを、無理矢理達成するのが「SFC修行」です。
もちろん費用もそれなりにかかりますし、なんといっても時間がとんでもなくかかります。

いまの稼ぎでこんな大金をつぎ込むのは100%不可能です。

なので、出張+αで貯めようと思ったのです。

もちろん私もなりたいのは、プレミアムメンバー最高峰のダイヤモンド会員です。
ANAから最大級のおもてなしを受けることができますが、私のような一般ピーポーには到底無理ですね…。

プレミアムメンバーをキープするには

プレミアムポイントは、飛行機に乗る度に積算されていき(特典航空券などの無償航空券では加算されません)、毎年1月~12月の間に貯めたプレミアムポイントの合計で、翌年の会員ランクが決まります。


ex) 2017年の1月~12月に50,000PPを獲得した場合、翌年の2018年はANAプラチナメンバーとなります。


仮にプレミアムメンバーになることができたとしても、次の年もプレミアムメンバーになるためのポイントは、また最初から貯めなければいけません。
つまり、プレミアムメンバーとしてのステータスは、毎年のように必要となるプレミアムポイントを貯め続けない限り、原則1年間だけなのです。

プレミアムメンバーになるためには、最低でもブロンズ会員の条件である30,000PPを貯めなければいけません。ですから、プレミアムメンバーとしてのステータスを翌年以降も維持していくためには、毎年30,000ポイント以上獲得する必要があるのです。

これには、飛行機にかなりの頻度で乗り続ける必要がありますから、セレブか出張族でもなければ難しいと思われます。

しかし!たった一つだけ上級会員の地位をキープする方法があります。

ANAスーパーフライヤーズメンバー(SFC

飛行機に乗り続けなくてもプレミアムメンバーとしてのステータスを維持する方法が1つだけあります。
ANAスーパーフライヤーズカード(SFCを所持することです。


ANAスーパーフライヤーズカードの所有者には「SFC会員」としてのステータスが自動的に与えられます。
一度スーパーフライヤーズカードを手に入れてしまえば、カード会員を退会しない限り、上級会員であり続けることができるのです。
カードを保有し続けていれば「半永久的にANAプレミアムメンバーでいられるわけです。


スーパーフライヤーズカードを保有し続けるためには、年会費(1万円~)を払って1年毎にカードを更新する必要がありますが、それだけでプレミアムメンバーとしてのステータスを維持できるのであれば安いものです。

なお、どんな特典が受けられるかはざっくりと下記の通りです。
下記のものは私が魅力に感じている特典です。
・特典航空券の優先予約
ANAラウンジの利用
・プレミアムエコノミーへ変更あり
・優先チェックイン
・専用保安検査場

特にラウンジに関しては個人的にかなりメリットあります。
f:id:kitaji27:20170507221940j:plain

スーパーフライヤーズ会員(SFC会員)になると、「ANA LOUNGE」が利用できます。(ダイヤモンドメンバーのみ利用できる「ANA SUITE LOUNGE」というものも存在します。)

いつもは羽田のカードラウンジを使用しているのですが、結構混むんです…。「朝七時からこんなに人おるの?」ってくらい人がいるのです。もっと落ち着いた環境でPC開いていたい…。


詳細は下記のリンクをごらんください。
スーパーフライヤーズ会員の特典|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ


出張+αだけでANASFCになれるか?

f:id:kitaji27:20170507214834j:plain

さて、ざっくりとSFCについて解説しましたが、問題は出張+αだけで上級会員になれるか?です。

出張族のみなさんは割と簡単に溜まるといわれるマイルですが、当サイトでは「どれくらいの頻度で乗ればいいのか?」「出張+αだけで上級会員になれるのか?」というところを検証していこうと思います。

2017年1月〜4月の成果

まずは私の1月から4月までの履歴をごらんください。
画像は3月からになっております。1~2月はJALしか就航していない出雲空港ばかりだったのです…。

f:id:kitaji27:20170507222504p:plain

f:id:kitaji27:20170507222510p:plain

f:id:kitaji27:20170507222609p:plain

2017年5月時点でプレミアムポイントは8030ポイントです。

上級会員になるにはかなり厳しいですよね…。
単純に四半期を三倍して12ヶ月に換算すると24000ポイントですからね。
ブロンズ会員にも届かないペースです。

今後のANA便搭乗予定

いまのペースでは絶対に上級会員にはなれません!

しかし、これからは羽田ー北九州(SF便/ANA共同運航便)へ1〜2ヶ月に一度のペースで行くでしょうし、羽田ー富山間も同じ頻度でフライトしていく予定です。なお羽田ー伊丹に関してもなるべく飛行機を使っていきたいと思います。
(もしかしたら中国・韓国出張も入るかもしれません)

なお、現在たまっている2万マイル+ANAアメックスカードにある4万マイルをANAスカイコインに変換し、海外旅行にも行く予定です。
ANAスカイコインに関しては現金と同様にポイントになるので使わない手はありませんよ!
…しかし、こうやって見ると1~2月でANA便に全然乗れなかったのがイタいですね。

日常生活で無理のない程度にマイルを貯めているので、その点についても後日書いていきます。
ANAアメックスカードでマイルを貯めた経緯についても改めて記事にしますね。

まとめ

上記の通り、月に1~2回飛行機で国内出張する機会があり、半年に一度ほど海外出張も行きます。また、趣味の海外旅行でANA便を使って海外旅行に行くといったライフスタイルです。

何度もお伝えしています通り、巷でSFC修行といわれるプライベートで羽田ー沖縄を何往復もするといったことはしません!
あくまで「出張+αで貯めれるのか?」といった検証をしようと思います。

年末になって頑張れば上級会員に手が届きそうな状況に遭遇したら、修行行為をするかもしれませんが、基本は会社のお金で目指そうと思います。

ご興味ある方は月に一度のペースで近況報告するので当サイトをのぞいてみてください!