読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

台北松山空港で中華通信のプリペイドSIMを購入したのでレビューします。

先日、お仕事で台北に行ってきました。
海外に行くと必ず調査するのが現地のSIMです。
スマホ世代としてはインターネットに不自由したくないんですよね。移動のときにはマップを使いたいですし、SNSだって使いたい。
レンタルWi-Fiより安価な通信手段ですので、台北旅行へ行く際には参考にしてみてください。

中華通信のプリペイドSIM

f:id:kitaji27:20170415102248j:plain

台北に行くとなると、桃園空港か松山空港のどちらかになります。
繁華街に近いのは松山空港です。タクシーで15分くらいでつきますからね。

両空港にプリペイドSIMが売られており、桃園空港にはいくつかの会社のものが売られていますが、台北松山空港では中華通信しかありません。

荷物を引き取り出口を出ると、目の前に中華通信のカウンターがありました。
f:id:kitaji27:20170415100454j:plain
photo by shimajiro@mobiler

私が到着したのは13:30でしたがかなり混み合っていました。
カウンターに番号札があるのでそちらを取って待ちましょう。番号を呼ばれます。


料金はこんな感じです。

f:id:kitaji27:20170415101026j:plain

二泊三日くらいで行かれる方が多いと思いますが、3dayプランは300NTです。いまのレートですと1100円くらいですかね?

この中華通信のSIMは何がいいかというと、選択した期間はデータが使い放題だということです。
これはかなり大きいのではないでしょうか。
ノープランで台北に行ったので、道中で何食べようか何処に行こうかと検索していたので、かなり助かりました。
データ制限があるプランですと自分でチャージしなければならなかったりして面倒ですからね。

SIMはこんな感じです。
f:id:kitaji27:20170415101154j:plain


設定のやり方がわからないと心配される方も多いかと思いますが、受付のお姉さんが勝手にやってくれるので安心してください。
日本で使用しているSIMは無くさないように気をつけましょう!

SIMを無くさないようにSIMカードホルダーを使うことをお勧めします。
こちらのものはビニール製なので、財布の中に入れておいてもかさばりませんし、SIMを抜くためのPINを差し込むところも就いているので使い勝手がいいですよ。

中華通信の速度は?

気になるのが通信速度だと思います。
ちゃんと計測してまいりました。

f:id:kitaji27:20170415101814p:plain

普段使いにはまったく問題のない速度ですよね。むしろ快適でした。
ホテルのWi-Fiが遅かったので、LTE通信のままYoutubeを見ていてもサクサクでしたよ。


同行者が桃園空港で借りたレンタルWi-Fiを持っていたので計測させてもらいました。

f:id:kitaji27:20170415101950j:plain

f:id:kitaji27:20170415102022p:plain

ご覧の通りプリペイドSIMのほうが快適です。
SIMロックの携帯しか持っていない方はポケットWi-Fiの一択しかありませんが、SIMフリースマホをお持ちの方は、プリペイドSIMの利用をお勧めします!