読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

GearBestで発売中のOUKITELのU13が届いたのでレビューします!高級感あふれるボディが魅力的です

SIMフリースマホ/SIM解除

この度、GearBestさんからOUKITELのU13を提供していただきました。
GearBestさんありがとうございます!

一週間使ってみたので早速レビューしていきたいと思います。

みなさんからすると、OUKITEL??どこのメーカー??って感じかもしれません。
私はこのメーカー知りませんでした。
調べて見ると中国の深センの会社みたいですね。

OUKITEL U13を開封してみる

f:id:kitaji27:20170311121626j:plain

ちなみにこの製品です。↓
OUKITEL U13 4G Phablet-168.22 and Online Shopping | GearBest.com Mobile


DHLからこんな感じの梱包で届きました。
f:id:kitaji27:20170306214831j:plain

シンガポールから届いたのですが、日本と違いあまり厳重な梱包ではありません。
これで十分なんですけどね。


外箱はオレンジいろの高級感あふれるものです。落としたんで凹んでしまいましたが。
f:id:kitaji27:20170306214937j:plain

梱包されているものは、スマホ本体と説明書、コード、充電プラグとケーブルです。
f:id:kitaji27:20170306215200j:plain

f:id:kitaji27:20170306215228j:plain

f:id:kitaji27:20170306215612j:plain

これはびっくりしたのですが、液晶保護シート貼り付け済みなんですね。
こういった心遣いが嬉しいですね。
また、低価格モデルなのにTPUのクリアケースも付いています。
正直、日本でカバーが手に入らないと思っていたので、これはかなり好感度上がりました!
いまはHuaweiなんかもカバー付きで発送しているようですね。
中華系メーカーのこういった心遣いは他国のメーカーも見習ってほしいところです。

充電しつつ、設定を行ってみます。
f:id:kitaji27:20170306215702j:plain

ここで気になったのが、充電時間がかなり長いということです。
普段iPhoneを使っているからAndroid端末のことを詳しくは分からないですが、この端末ってこんなに時間かかるの?という印象を持ちました。


わたしはマレーシアにいるときにSAMSUNGの廉価版のものを使用していましたが、そのときは日本語入力がプログラミングされていなく、知り合いに手伝ってもらい苦労した経験がありますが、このOUKITELのU13には最初から日本語メニューもプログラミングされていました。
国内で売っている端末と同じ感覚で使えるので、初期設定も困らないと思います。
f:id:kitaji27:20170306215830j:plain



背面には指紋認証のセンサーがついています。
カメラの下の四角いものがそうですね。
f:id:kitaji27:20170306220010j:plain


Androidでは指紋認証を使ったことがなかったのですが、設定はiPhoneと同じ感じですね。
指の位置を変えて認証させていくだけです。
f:id:kitaji27:20170306220057j:plain



こちらがデフォルトのホーム画面。
アイコンデザインは今までのOUKITEL端末と一緒ですね。
f:id:kitaji27:20170306220333j:plain


OUKITELのU13のスペック

Android 6.0 Marshmallowを採用したスマートフォンで、プロセッサーMediaTekのMTK6753 オクタコアCPU、メインメモリが3GB RAM、ストレージが64GB ROMという構成で、発売時はなんと119.99ドルとかなり安く購入できるようになっています。

5.5インチのフルHDディスプレイに16MPの背面カメラなどその他仕様もかなりのコストパフォーマンスになっているようで要チェックです。

OS Android 6.0 Marshmallow
ディスプレイ 5.5インチ IPS
1920*1080 フルHD
プロセッサー MediaTek MTK6753
オクタコアCPU
Mali T720 GPU
RAM 3GB RAM
ストレージ 64GB ROM
外部メモリ microSDカードスロット
(最大32GB)
カメラ Rear-camera: 13.0MP ( SW 16.0MP ) 
Front camera: 8.0MP ( SW 13.0MP )
バッテリー 3000mAh
SIMサイズ デュアル micro SIM
対応バンド 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz 
3G: WCDMA 900/2100MHz 
4G: FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600MHz
Wi-Fi 802.11a/b/g/n
Bluetooth 4
本体サイズ 約14.90 x 7.57 x 0.81 cm
重量 約168g
カラー グレー/シャンパンゴールド

メリット・デメリット

メリット

まず普段遣いではまったく問題なく使えると思います。
アプリをばんばん入れて、スマホで仕事をしようといった方は少し厳しいかもしれませんが、ネットやSNSを中心に、Youtube見るくらいでしたら、まぁまず余裕ですね。
廉価版にしては出来すぎていますね。
これで14000円ちょっとという値段は驚きです。

また、この価格帯で指紋認証の機能がついているスマホは珍しいですね。
国内メーカーや韓国メーカーの廉価版のスマホと比べると雲泥の差ですね。

デメリット

この価格帯にしては言うこと無いと思いますが、強いてデメリットをあげるとすれば充電時間が長すぎることですね。
本当に充電時間が長かったです。

まぁでも別に気にならないですね、やすいですし。

まとめ

SIMフリーをお探しの方や安値のスマホで十分!と言う方には非常におすすめです。
高級感のある端末ですので人の目も気にならないと思いますよ。

充電時間が長いのが少しネックではありますが、画面フィルムもつきカバーもついているのでお得感は満載です。

よかったら使ってみてくださいねぇ〜!
m.gearbest.com