外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

MacBook Air/Proはクラムシェルモードで使うのがおすすめ!MacBookを閉じたまま外部ディスプレイに映す方法を紹介します

私はずっとMacBook Airを使用しています。
格好良さも使い勝手もMacが一番だと思っています。セキュリティ面もね。
ただ、スタバなんかのカフェに持って行ってドヤ顔するために11インチのものを購入したため、普段自宅で作業するときには画面が小さすぎて…。
もっと大きい画面で作業したいと思い、今回クラムシェルモードにしました。

クラムシェルモードとは?

f:id:kitaji27:20170108165142j:plain

MacBookMacBook AirMacBook Proなどのノート型Macのディスプレイを閉じた状態で、外付けのディスプレイに映像を映し出す機能です。この機能を使えば、大きな液晶ディスプレイに綺麗な映像を映し出す事ができます。

写真のような感じですね。
この方法を使えば倍以上のサイズで画面を見ることができます。

クラムシェルモードにするのに必要なアイテム

今回は私が実際に使用しているアイテムを元にクラムシェルモードにする方法を紹介していきます。

まずは、当然ですがMacBook Airですね。


そしてAppleのMagicMouseです。

Apple Keyboardもこのために新たに購入しました。
f:id:kitaji27:20170108163204j:plain

肝心な液晶ディスプレイですが、家に転がっているものなどがあればなんでもいいと思います。
私は入力端子のタイプは「HDMI」で使っております。

安価で液晶の質も好評なI-O DATAのディスプレイにしました。
23.8型ですが、もう一つ小さいサイズでもよかったかな?

これが一番大事ですが、液晶ディスプレイとMacBook Airをつなぐ、mini displayport to HDMI 変換ケーブルを買っておきましょう。
定価だと2400円くらいするのですが、インターネットで購入すれば500円くらいからあるので、インターネットで購入することをオススメします。

また、これは別になくてもいいのですが、スペースを有効に活用するためと、なんとなく格好いいという理由でMacBook Airを縦置きするスタンドも合わせて購入しました。
こちらのほうがなんとなく見栄えがよくないですか?
f:id:kitaji27:20170108163902j:plain

Appleファンの皆様に大人気なのがこちらのものです。

ですが、私は安いという理由で写真の通り下記のものにしました。半額ですからねぇ。

クラムシェルモードにする方法

さて肝心のクラムシェルモードで使用する方法を紹介していきましょう。と言っても本当に簡単です。

1、電源アダプターにつなぐ
MacBook Airの電源アダプタを繋ぎましょう。バッテリーモードではクラムシェルモードになりません。

2、BluetoothまたはUSBでマウスとキーボードをつなぐ
私はBluetoothで両方とも繋いで使用しています。コードが邪魔で邪魔で…。
Bluetooth接続の場合は、システム環境設定でBluetoothをオンにします。Magic Mouseを使用の場合は、Bluetoothの「詳細設定」で「Bluetoothバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」に✓を入れます。
キーボードは付属のコードをMacBook Airに繋いで充電してたら勝手にペアリングされました。


3、MacBook Airとディスプレイを繋ぐ

f:id:kitaji27:20170108165111j:plain
購入しておいたmini displayport to HDMI 変換ケーブルで液晶ディスプレイと接続しましょう。
MacBook Airの場合、上記で紹介したケーブル一本あれば事足ります。

クラムシェルモード

液晶ディスプレイの電源を入れたまま、MacBook Airとディスプレイを接続すると、勝手にクラムシェルモードで映し出されます。
上記でも触れていますが、電源アダプターを接続していないとクラムシェルモードにならないので注意が必要です。

f:id:kitaji27:20170108163313j:plain
ディスプレイの解像度が合わない場合は、ディスプレイ設定画面の解像度を変更しましょう。解析度は画面サイズに合わせてお好みでどうぞ!

作業を終わる時もスリープモードにして、再度立ち上げる時はキーボードかマウスをクリックすれば立ち上がります。

ちなみに、ネットのHow toでマグネット磁石をMacBookのキーボード横に貼り付けないといけないという記事を見たことがありますが、そちらは不要でした。
何もせずにクラムシェルモードに切り替えできます。

まとめ

私のように11インチのMacBook Airなど、このクラムシェルモードを使えば自宅でデスクトップのように超快適になります。
クラムシェルモードだと画面が大きいので作業がはかどるし、目の疲れも全然違いますよ。

Wi-Fiの接続が悪くなるという話も聞いたことがありますが、いまのところ全く不自由を感じません。
やり方も本当に楽ですし、やらない手はないですね。
ぜひ試してみてくださいー!