読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

綺麗な子からネットワークビジネスに誘われたトラウマから女性不信になった話。

会社にもよりますが…高校・大学を出てから社会人になると、途端に出会いがなくなりますよね。
そんな中、異性と知り合うチャンスといえば、合コンに友達からの紹介、それからいまの若者は出会いのアプリなんかです。

さて、私も社会人になってから女性を紹介して頂いたり、飲み会の場に誘って頂いたりといったこともありました。
しかし、私の場合はたまたま?引きが悪いようで、プチ女性不信になりました。

ネットワークビジネスの勧誘?

社会人になってから、三年ほど付き合った彼女と別れ、出会いもないので独身街道を突き進んでいました。
すると、飲み会で知り合った女友達から「紹介してって言って来てる子いるんだけど、会ってみない〜?」と嬉しいオファーが。
そりゃもう即答で「ぜひぜひ!」と快諾しました。

LINEでやりとりをする日が続き、「お茶でもしませんか??」というお誘いが!
テンションも爆上げでした。今思えば「お前から誘えよ」って感じでしたけど。


本気でウキウキしながら当日を迎えました。


カフェで待ち合わせをしてとうとう対面の時が!


私「(おっっ!可愛いやないかーーーーい!)」

もうテンションもガチ上げです。
普段は性格に似合わず人見知っているのに、可愛い女性の前です。満面の笑みで無駄に喋ってみます。

お互いの趣味である海外旅行や、お互いファンである地元のサッカーチームの話。


相手の方も笑顔を浮かべながら会話に付き合ってくださっています。
f:id:kitaji27:20161204142007j:plain
Photo by Jonathan Kos-Read

私「(おっこれはいい感じなんじゃね?)」

女性「BBQがあるんですけど一緒に行きませんか?」

私「あっいいですね。もちろん!(っしゃー!誘いきた!)」
 「ちなみにどんな方がくるんですか?」

女性「あっいま所属しているサークルみたいなのの方々です」

私「サークルですか?スポーツとか??」

女性「あっアム○ェイっていうんですけど知ってますか?」

私「…ああ〜知ってますよ、そうなんですね〜(ネットワークビジネスやないかーい!)」
f:id:kitaji27:20161204142901j:plain

別にやっている方を否定しませんが、私的に興味ないっていうか少し抵抗があるビジネスなんです。
やんわりBBQを断った後も、セミナーやパーティなどの誘いがひっきりなしに来ましたからね…。
ん〜…。料理するって言っても2万するフライパンとか鍋とかいらないし…。
そもそも化粧品も男なんで間に合ってます。


ちなみに、この手のネットワークビジネス勧誘の女性はもう1人いたんです。
これは違う女性から紹介されたのですが、もともと仲の良い方の紹介だったんで、ちょっと焦りました。

20代半ばの独身男性は狙い目なんですかね…?

とりあえず何が苦手かっていうとセミナーの誘いのLINEなんかがひっきりなしにくるっていうことです。
立て続けにこんなのばっか来ていたので、異性の方との新たな出会いを!っていう気持ちが薄れ始めました。笑
アホな同姓と下世話な話をしながら喋っている方が面白くて。。。

20代男性としてはやばいかもしれませんが、結構な間女性不信になっておりました。
これはもう運の問題かもしれませんが、こんなことが続かないことを祈るばかりです。