読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

マレーシア版Suica!?『Touch ‘n Go』(タッチアンドゴー)を使って電車やバスに乗ろう!

マレーシア滞在記

こんばんわ、昨夜までKLに滞在していた、きたじです。

マレーシア、特にクアラルンプールに滞在する方は電車やバスを使って観光するかと思います。
マレーシアに住んでいた頃もLRTという電車に頻繁に乗っていたのですが、そこで愛用していたのが『Touch ‘n Go』という交通系ICカードです。
こちらがTouch’n Goカードです。
f:id:kitaji27:20160920203120j:plain

Touch ‘n Goの購入場所

f:id:kitaji27:20160920203029j:plain

・KL Sentral駅内

Touch ‘n Goを購入できる場所はKL Sentralという駅です。
一般的に知られているのは、LRT/KTMの駅内に『Touch’n Goセンター』というところがあるので、そちらで購入することができます。
入店してすぐに整理券を受け取り、番号がきたら購入の意思を告げるだけで購入できてしまいますね。
ちなみに、そのときにチャージ必要なので一緒に行いましょう!最低RM10からです。
値段はカード料・手数料がRM10.60です。

しかし、KL Sentral内のTouch’n Goセンターは日曜に閉まっていたりするなど使い勝手があまりよくありません。

・Nu Sentral内

そこで、ほとんど知られていない穴場を紹介いたします。
KL Sentral駅の真横にあるNu Sentralというショッピングセンターです。
駅に直結しているので迷うこともありません。
最上階から一つ下ったフロアにあります。(すいません階を忘れました…)

こちらのお店です。
f:id:kitaji27:20160920203312j:plain

f:id:kitaji27:20160920203341j:plain

こちらは私が土日祝日に行った際も営業していましたし、
駅内のように混んでもいないのでオススメです!

Touch’n Goへのチャージ

日本の交通系ICカードですと、どこの駅でも発券機でチャージすることが可能ですが、マレーシアではまだ整っていないらしく、特定の場所でしかチャージすることができません。
KL Sentral駅内やNu SentralのTouch’n Goセンター、特定の駅、コンビニ、薬局、ATMでチャージができます。

そして一番びっくりするのが、場所によりますがチャージする時にRM0.5かかります。12円くらいですけどね。

セブンイレブンや99Martなどのコンビニでは間違いなくチャージ料金がかかります。
そしてチャージする時は「リロード」Reloadまたは「トップアップ」Top upと伝えてください。
チャージ可能なお店にはTouch’n Goのステッカーが貼ってあるので判りやすいですよ。

手数料無料でチャージできるのが、KL SentralのKMTにチケットカウンターです。
みんなが利用するところですので結構混んでいますね。

ちなみにチャージ可能な駅でも「ラインが混んでるから無理」「ラインがオフってあるから無理」と断られてしまうことも多いです。


さきほど紹介したNu SentralのTouch’n Goセンターでのチャージがおすすめです。
お買い物・お食事がてらふらっと立ち寄ることができるのでいいですね。
入店後すぐのところにある、こちらのKiosk端末でチャージが可能で、手数料もかかりません!
f:id:kitaji27:20160920204804j:plain

使い方は日本度同じで、カードをかざしてチャージしたい金額をタッチし、
お金を入れるだけでチャージが可能です。
そして地元民でも知らない人が多いのでかなり空いていますよ!

Touch’n Goまとめ

使い方は日本と同じで改札にかざすだけです。
f:id:kitaji27:20160920205724j:plain

Touch’n Goは観光の方にも便利ですが、マレーシア在住の方に特にオススメです。
高速道路の料金所などもTouch’n Goで通過することができますし、
薬局などの支払いもTouch’n Goで可能なところがあります。

もっていて損の無い一枚ですのでぜひ持っておきましょう!