読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

根拠のない精神論から脱しろ!為末大『諦める力』

書評

いま陸上選手だった為末大さんの本を読んでいます。
『諦める力』というキャッチーなタイトルの本ですが、
ぜひ一度みなさんに読んでいただきたい良書です。
AmazonKindle読み放題で読むことができます。

根拠のない「継続しろ!」文化


f:id:kitaji27:20160830000456j:plain
為末氏は日本の根拠のない精神論に異論を唱えています。

「続けることに意味がある」
「諦めなければ夢は叶う」
といった根性論について触れられているのですが、
本当に結果が出るのはごく一部の人間です。

たった一人だけうまくいった人が、
自分のロジックで語っているにすぎない。

例えばビジネスなどでは絶対的に数字が求められます。
自分の収入に直結するビジネスにおいては、負け戦をするくらいであれば勝てるフィールドで勝負するのがセオリーです。


プロのスポーツ選手もビジネスですから、
結果が出せる種目に転向して協議を行うのがベターです。
為末選手も以前100mで世界に出ているにも関わらず、「これでは勝てないと」「向いていない」と思い切って400mハードルに転向し、結果として世界でメダルを2つ手にしています。

為末選手は「諦めたからこそ手にした成果」として紹介しています。

結果を求めるのであれば、
論理的に分析して可能性のあるフィールドで働くのがベターではないでしょうか。

今の日本に渦巻く「根拠のない精神論」に一石を投じています。
精神論だけで乗り越えようとする悪習から脱したいところです。

応援してくれる人が責任をとってくれるわけではない

「諦めないでがんばって」

という言葉を耳にしますが、失敗しても誰も責任をとってくれません。
スポーツや会社においても勇気付けられ、励みにもなりモチベーションアップにつながる要因であることに間違いはありませんが、真に受けて続け、こけた場合にも全て自己責任です。

何かを成し遂げるに道は一つではありませんが、選択できる道は一つだけだったりします。
要はあなたの選択の問題です。

自分自身で分析を行い、自信の人生において後悔しない道を選択しましょう。

まとめ

いま日本に足りていないのは
「諦める力」「認める力」ではないでしょうか。

論理的な思考や現実的な選択を行うことで、息苦しい生き方を脱することができるかもしれません。
働きすぎて身体壊す方や、精神的に疲弊してしまう方は、我慢しすぎるのかもしれません。
人それぞれ合う合わないはある訳ですので、見極める力はつけておきましょう。

今一度、自分のベストな選択は何かということを考えていきましょう。