読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

2016年のイスラム教の国 マレーシアの治安は安全なのか危険なのか?居住者の目線から意見を述べてみます

マレーシア滞在記

最近は「マレーシアの治安はどうなの?」
と質問していただきことが増えました。

いまはイスラム国の話題などで
ニュースが持ちきりだからでしょう。
知らない方のためにお伝えしておきますが、
マレーシアはイスラム教の国です。

2016年のマレーシアの治安

私は今年の4月下旬まで実際に
マレーシアのセランゴール州に住んでいました。

家族や友人からも
イスラム教の国で治安は大丈夫か?
イスラム国の脅威に触れるのではないか?
という連絡を何件もいただきました。

先に結論を述べておきたいのですが、
マレーシアはかなり治安がいいです

もちろん日本などと比べると少し劣りますが、
他の東南アジアの国々と比較すると、かなり治安はいいです。

スリやひったくりなどの
軽犯罪はたしかに存在します。

「テロの脅威にさらされているか?」
という点からすると、特にありません。
軽犯罪も他の東南アジアと比べても少ないです。

たしかに以前テロ計画というものがありました。
そこはマレーシア政府、警察が調査し、
犯人を事前に逮捕に成功しています。
計画の段階で潰してくれていますね。

マレーシアの警察は軽犯罪ではろくに働きませんが、
テロや国家安全に関わる捜査では日本以上に優秀ですよ。


この逮捕劇がおきたのは一月半のことです。
たしかにそれを聞いたときはゾッとしたのを覚えています。
www.asiax.biz
www.newsclip.be

その後、日常生活に全く影響はありませんでした。
それ以降マレーシアの方々が、外出を控え、
みんな家に閉じこもっているのか?
これも答えは「ノー」です。

これを危険ととるか安全ととるかは
人それぞれだとは思うのですが、
TVに写っているイスラム国の兵士のような
人々が街を歩いているといったことはありえません。

むしろ街中では笑顔があふれ、
みんな楽しそうに暮らしていますよ。

様々な宗教が共存するための理解

f:id:kitaji27:20160717003138j:plain

まず、最初にことわっておきたいのですが、
メディアで連日報道されている
イスラム」という言葉から、
イスラム教=危険な国というイメージを
お持ちの方が多いのですが、その発想は捨ててください。

「マレーシアに住んでるけど楽しいとこだよ」
「マレーシアの文化も生活も大好きだよ」
というふうに答えると、
「えぇーイスラムの国で?なんでそんなとこ行くの?」
と、返されてしまうこともありました。
正直かなりイラっとしましたが、
そのようなイメージを持つ人が多いのもわかります。
メディアの報道の影響だと思いますが。


実際にイスラム国」を名乗る過激派が、
事件を起こしていることは事実ですが、
イスラム教徒の方々が全員そのような思想を
持っているわけではありません。

どの宗教、集団、思想家もそうですが、
テロ行為や殺傷行為を行うのは、
「一部の過激派」だけです。

実際にテロ行為を行うのが過激派なので、
名詞を抜粋されるのは仕方ないのかもしれませんが、
全員が全員、テロを推奨ということはありえませんよ。

一つだけ日本にいる皆さんに伝えたい事、バングラデシュで日本人が被害にあったことは確かな事実。被害者の家族の悲しみとやりきれなさは計り知れないものがあります。これを覆すことはできません。

でもだからといって、バングラデシュという国が、バングラデシュの人々がみんなテロリストなわけではないんです。
http://www.junyamada.net/entry/bangladesh_smile

こちらはバングラデシュに滞在している方のブログですが、
同じような意見を述べておられます。
この方はテロが起きたバングラデシュの近況を
ブログやツイッターで報じてくださっています。
ぜひ、目を通してください。
www.junyamada.net

イスラム」という言葉だけが先行していますが、
居住者目線から見ても、実際は危険ではありませんでしたよ。

*最近は世界中でテロやテロ未遂が起きています。
 海外への渡航は自己責任でいきましょう。