外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

クロス・ロードバイクを買うときに最低限必要なアイテムまとめ。

これからクロスバイクロードバイクを購入し、優雅な自転車ライフを送ろうとする方は、自転車本体にもいくつか必要なものがあります。

最初は何を買ったらいいのかわからない、どれを買ったらいいのかわからない方向けに最低限必要なものをまとめました。

クロス・ロードバイクに最低限必要なアイテム

f:id:kitaji27:20160715120137j:plain

1, フロントライト

フロントライトは必須アイテムです。
夜道を走る際にはこれがないと全く見えませんし危険です。
中でも明かりの強いものを選びましょう。
私は最初、明かりの弱いものでも大丈夫だと、
コストを抑えていましたが全く見えませんでした。

いまはこちらを使っています。

USBで充電できるものなので繰り返し使えて便利です。
また明かりも強弱を自分で調整することができるので
非常に使い勝手のいいものです。

2, リアライト

続いては後部につけるリアライトです。
赤系の点滅が一般的ですね。
車道を走るため、後ろから来る車にしっかり
わかるようにつけておきましょう。
車を運転される方はわかるかと思いますが、
夜道だと自転車って本当にわかりません。
リアライトがないことで、もらい事故に
巻き込まれる恐れもあるので、
反射ではなくて発光するものを準備しましょう。

こちらは安価なものでも光れば大丈夫だと思います。
私はこちらを使っていますが、
使い勝手もよく電池持ちも十分ですよ。

3, 空気入れ

クロスバイクロードバイクなどのタイヤは空気圧が高いです。
空気圧が高いタイヤは1週間くらいたつとかなり空気が抜けるため、
頻繁に空気を入れる必要があります。
私は週に一度は空気圧をチェックするようにしています。
本格的な方は毎回乗るごとにチェックしていますね。
仏式(フレンチ、プレスタ)に対応していることがポイントです!
空気圧ゲージがついていないと意味がないので、
空気圧ゲージつきのものを選びましょう!
適当な空気圧で運転しているとパンクしやすいですよ。

4, ヘルメット

軽い街乗りの場合はいいかもしれませんが、
ロングライドに行く際は絶対にヘルメットかぶりましょう。
絶対に転ばないと信じている方もいるかもしれませんが、
一度は転倒して怪我する方がほとんどです、
ひどい場合はヘルメットが割れるほどの衝撃になることも。
私も段差にタイヤを吸って転倒して強打したことがあります。
絶対にかぶりましょう!マナーですからね。

私はこちらのヘルメットをかぶっています。
軽量で頑丈なのが特徴ですね。
後ろのベルトで幅の調整もすることができます。

5, パンク修理キット

クロスバイクロードバイクはタイヤが細いため
ひょんなことからタイヤがパンクすることもあります。
私も初めてのロングライドのさいに友人の自転車が
パンクしてみんなでスマホで検索しながら、
パンク修理したことがあります。
キットがないと少し苦労することになります。

6, 携帯用空気入れ

こちらもパンク修理の際に必須アイテムです。
私はツールボトルの中に入れてボトルゲージに
差し込んで持ち運んでいます。
いくつか携帯用空気入れを使いましたが、
使い勝手がいいものはこちらです。

コンパクトかつスタイリッシュなのでおすすめですよ。

一発で空気を入れたい方はCO2ボンベのものもあります。

7, 鍵・チェーン

これは言わずもがな必要ですね。
鍵しないと持って行ってくれと言ってるようなものです。
おすすめの鍵と鍵のかけたをまとめた記事があるので
下記のリンクを参考にしてみてください。
www.tabiblog.jp

8, ツールボトル

こちらは上記で紹介したパンク修理キットや
携帯用ポンプなどを入れておくボトルです。
クロス・ロードバイクの方はほとんどが
ドリンクホルダーをつけると思うので、
そちらに差し込んで携帯しましょう。
私は安かったのでこちらのものを使っていますが、
持ち運びできればなんでもいいと思います。

あると便利なもの

個人的にあると便利なのはFitbitです。
心拍数を測ってくれますし、睡眠の管理、食事管理もできちゃいます。
睡眠の管理に関しては、寝返り回数なんかも計測してくれるので、自転車乗らない方にもお勧めできる商品です。

まとめ

今回紹介したのはあくまで最低限必要なものです。
上達していくにつれてペダルやシューズを交換したり、
サイクルウェアを購入していけばいいと思います。
サイクルウェアに関しては、格好を気にしない人であれば、手持ちのもので十分ですよ!

特に修理キットや鍵は最重要品です。
高価な自転車を盗まれたり、パンクが直せなくて
放置して帰るなんて怖いですからね。

参考にしてみてください!
www.tabiblog.jp
www.tabiblog.jp
www.tabiblog.jp
www.tabiblog.jp