外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

社会人の新たな趣味にロードバイクをススメる5つの理由。運動不足も解消できるので健康的ですよ。

新社会人になってから、
・新たな趣味をはじめたい!
・運動不足を解消したい!
・最近太ってこまるから痩せたい!

などという言葉をよく耳にします。

上司や同僚との付き合いで遅くまで
飲んでるなんてことも増えますしね。

そこでロードバイクの活用をおすすめします!

私は大学生のときからロードバイク
乗っているのですが、本格的にはじめたのは
社会人になってからです。
↓↓↓愛車のロードバイク
f:id:kitaji27:20160629144230j:plain

ロードバイクに乗るメリット

1, 自分1人でも楽しめる

学生のころとは異なり友人と気軽に会う機会が減ります。
社会人になって家庭をもち子供ができると、
休日に皆で集まって何かするってことの難しさを感じますよね。

元々サッカー好きで、フットサルをやりたかったのですが、
電車の乗務員として働いていたので、
周りの友人や同期とすら休みが合わなく、
相手チーム含めて10名必要なスポーツはできず…。
また、グラウンドやらコートを取る手間がかかるし、
時間にしばられてしまいますよね。

その点、自転車はひとりで思い立ったときに
ふらりと走りにいくことができるので気楽で手軽です。
そんなときは他の人に予定をあわせる必要なんてなく、
自分が行きたいときに気の赴くままでいいのです。
このメリットはとても大きい。

一般企業に勤めている方々も社会人になったら、
平日は否が応でも集団行動をしなきゃならないことが多いですよね。
ストレス抱えて帰ったあとでもリフレッシュになります。

当然、みんなで楽しむこともできます。
私は友人を誘って近所を走ったり、温泉へ行ったり、
わざわざ焼きそばを食べに(笑)
往復100kmロードバイクを漕いだりもしています。

私はやっていませんが、近くのショップでチームに入って、
みんなでイベントに参加することだって可能ですよ。
人数にこだわらなくていいところがロードバイクのいいとこです。

2, 運動不足解消

社会人になってよく同期と話すのは、
「やばい‥かなり太った…」
「運動不足ですぐに息がきれる…」
「メタボぎみで…」

などといった悲しい話題も増えます。笑

ロードバイクはこういう人にもってこいの趣味です。
なぜならばロードバイクでの運動は、
もっとも効率的な有酸素運動といわれています!
f:id:kitaji27:20160629150042j:plain

最近「メタボっぽいかもな」と思ったら、
まずはじめてはどうでしょう?
他のスポーツよりも長い時間をかけて、
一定の負荷をかけることができるので
効率的に脂肪分を燃焼させることができます。
どうしても辛かったらゆっくり走ればいいですしね。

そんなお手軽な運動のしやすさが、
運動不足の解消にもってこいだと思います!

3, 他の趣味との相性がいい

ガチのロードレーサーはさておき…、
サイクリングロードを走るだけでなく、
季節を楽しみながら写真を撮ったり、
輪行袋に入れてちょっとした旅行感覚で
遠くでふらりと走ったり、電車や車で外出がてら自転車を積んで、
旅先で軽くウロウロしたりと、他の趣味との相性がいいです。

普段車で通る道でも、自転車で写真を撮りながら
ゆったり走るとまったく違う姿を発見できたりします。
静岡出身で普段富士山なんて目もくれない私も、
富士まで走ったさいには富士山をバックに
写真撮影したりしましたね。

4, カラダへの負担が少ない

ランニングが趣味の方も多いですが、
膝への負担もかなり大きいそうです。

その点自転車はしっかりとした
姿勢で走れば膝への負担はあまりありません。
正しい姿勢がわからなくても自転車屋さんで
見てもらうことができます。

いきなり100kmとか走ると当然体が慣れていないので
筋肉痛に苦しんだりするのですが、
徐々に距離を伸ばしていけば、カラダが、
ローバイク仕様になっているので大丈夫ですよ。

私は無謀にもいきなり坂道だらけの
100kmコース行ったので
本当に倒れるかと思いました。笑

5, とにかく気持ちが良い

汗をたくさんかいてリフレッシュできることが大きいです。
走っている最中は普段のストレスから開放され、
風景を楽しみながら季節を楽しむことができます。
時には限界まで自分を追い込んでみるのもいいですね。

とにかく気持ちがいいです。

私の一番の楽しみかたは、
朝からロングライドに出掛け、
温泉に浸かりおいしいもの食べて、
また長距離を運動しながら帰る。
といったものです。


社会人のみなさんも新たに趣味を探している方は
ロードバイクを初めてみませんか?