外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

iPhoneのホームボタンを壊さない方法!Assistive Touchを使いましょう!

わたしは以前からiPhoneiPadを使っています。
一番使いやすいとも思っていますし、他の方にもおすすめしています。

しかし「ホームボタンが壊れたら使えなくなるから嫌!」
という声もよく聞きますよね。
スクリーン下にあるホームボタンはiPhoneで一番使うボタンだと思います。

iPhoneのアプリを使い終えて、
ホーム画面に戻るときホームボタンを押して戻ります。
また、起動している複数のアプリを切り替えたい時は、
ホームボタンを二回連続で押すとマルチタスク画面になり、
そこで他のアプリに画面を切り替えられます。
f:id:kitaji27:20160620131006j:plain

このように、ホームボタンなしではiPhone
使いこなすことは難しいわけですね。

ホームボタンが調子悪くなるというのは、自分の周りでもよく聞きます。
どんなに丈夫だったとしても、使う頻度が高ければ高いほど、
故障の確率は上がっていきますよね。

一番の解決策はホームボタンを極力使わない事です。
そこで、ホームボタンと同じ操作ができるオプションを用意しましょう!

AssistiveTouchを活用しよう!

ホームボタンを極力使わないようにするには
AssistiveTouchを活用することです。

みなさんはAssistiveTouchを知っていますか?
f:id:kitaji27:20160620125226j:plain

ホーム右下にある白い丸ボタンのことです。

私はマレーシアの友人に聞くまで知りませんでした。笑
iPhoneユーザーは結構みんな使ってたんですよね。
そこそこiPhone使いこなしていたつもりでしたが、
まだまだあまちゃんでした。笑

その丸を押してみるとこのような画面が出てきます。
f:id:kitaji27:20160620125324p:plain


「このホームボタンを使えば壊れるリスク減るだろ?」
と、設定してくれました。
だからみんな使っていたわけですね〜。

スクリーンショットもこのボタンでOKです。

英語のページですが…
この動画が一番わかりやすいですね。

How to Use AssistiveTouch | iPhone Tips

この機能は、障がいを持つユーザーさんを補助ものらしいです。
障がいをお持ちの場合だと、ホームボタンをカチッと押したり、
画面をスワイプしたりするような操作が難しい方もいらっしゃいます。


これを使うことでとホームボタンを押さなくても、
ホームボタン使用時と同じ操作ができるようになりました。

最初離れませんが、AssistiveTouchからホームボタンを操作して、
画面下のホームボタンの使用頻度を抑えましょう。

そうすればボタンの故障確率を抑えることができますので、
より長くiPhone,iPadを使うことができるようになります。

AssistiveTouchボタンの設定方

設定の仕方はいたって簡単です。

まずは『設定』ボタンを押します。
f:id:kitaji27:20160620130519p:plain

そこから『一般』の項目に入ります。
f:id:kitaji27:20160620130625p:plain

アクセシビリティ』があるのでそれをタップ
f:id:kitaji27:20160620130655p:plain

次画面に『Assistive Touch』の項目がるので
それを有効にすれば完了です。
f:id:kitaji27:20160620130755p:plain

するとこのように画面下に
白いボタンが出てくるのでそれを使いましょう!
f:id:kitaji27:20160620125226j:plain

ホームボタンが壊れるとiPhoneは非常に不便です。
故障リスクを減らし、快適にiPhone
使っていきましょうー!
www.tabiblog.jp
www.tabiblog.jp

[追記]
Assistive Touchを使い始めてしばらく経ちました。
最初は全然慣れなくてうっとうしかったのですが、
いまでは違和感なく使えています。

iPhoneのホームボタン故障のリスクは
極端に軽減されたと思います。
いまではホームボタン押すと、
「しまった!」といった感じにまでなりました。
やはり人間慣れが肝心ですね。