外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

楽天カードは海外キャッシングすると強制的にリボ払いになる!?楽天カードの海外キャッシングを一括返済する解決策の紹介

年会費が無料で学生にも人気の楽天カードと、海外旅行へ頻繁に行く人に人気の楽天プレミアムカード、両カードとも所持している方が非常に多いと思いますが、海外キャッシングするには少し注意が必要なのです。

今回はその理由と解決策を紹介しましょう!

楽天カードで海外キャッシングする際の注意点

海外キャッシングで借金地獄!?

まずは、海外旅行の際に楽天カードでキャッシングするとどのようなことが起きるのか紹介しましょう。

…えーと。結論から言うと、
楽天カードで海外キャッシングしてたら、
知らない間に借金が膨らんでた、というお話しです。
(中略)
と、同時に、わたしは現時点で
12万円以上の負債を抱えていることが判明しました。(;゚□゚)ガーン!!
というのも、世界一周中にわたしが海外で下ろしていたお金は、
いままで月1万円ずつしか返済されていなかったのです。
知らない間に、余計な利子(年利18%)を
積み上げてたらしい。。
今まで、3万円以上も利子を払ってたらしい。トホホ。。
楽天カードで海外キャッシングしたら、知らぬ間に借金がこんなに…

私もこの方のブログを読んで初めて知ったのですが、楽天カードでキャッシングすると、自動的にリボ払いになるのです!!!
f:id:kitaji27:20160610224326j:plain

これは知らない方が多いのではないでしょうか?
読み切れないほどの規約の中に小さく書いてます。
私はいつもろくに規約読まないのでこういう事態が起きてしまうのですが…。
お金に関わることはしっかり読まないとダメですね。

その他にもググれば楽天カードで海外キャッシングをして借金が膨らんだっていう報告が多いですね。

バックパッカーの方や世界一周旅行している方は気づかぬうちにお金が飛んでいたなんて地獄以外の何者でもないので要注意です!

海外キャッシングを一括返済しよう!

楽天カードでキャッシングを一括返済する方法

楽天カードで海外キャッシングした場合は、通常、自動リボ払いは解除できません。
楽天プレミアムカードはトラベルコースもあるのに、リボ払いしか出来ないなんて全然役に立たない!と、一見海外キャッシングには不向きなカードのように思えます。

しかし、きちんと裏道が残されています。サイトにはこのことは書かれていませんが、楽天カードのコールセンターに電話をかけて尋ねると教えてくれると正規の方法です。

これには2通りの方法があります。

1つ目は、楽天e-NAVIの「リボお支払いコースの変更」で、限度額の引き上げを行ったうえで、帰国後コールセンターに電話をかけ、繰上げ一括返済を申し込む方法です。振込先の銀行口座を教えてくれますのでそちらに返済しましょう。
限度額の引き上げは画像の通り行ってください。
f:id:kitaji27:20160610222720j:plain

f:id:kitaji27:20160610222729j:plain
(Photo byhttp://kaigai-cashing.com/revolving_.html
一括返済したい金額を、入力しておきましょう。限度額は基本的にないようなのですが、海外キャッシング自体の限度額があるはずです。


2つ目は、私がとっている方法です。
繰上げ一括返済を行わず、次回の支払日に一括で返せす方法です。
同じく楽天e-NABIの「リボ残高のおまとめ払い」で,「加算希望額」を引き上げることで可能になります。

これだったら、仮に一括返済を忘れていても、次の支払日に一括で返すことができますね。私はすぐに手を抜きたがる面倒くさがり屋なので、このやり方が一番楽です。

まとめ


リボ払いは、リボ地獄とも呼ばれるほど、借金が膨らむ可能性に満ちたものですが、以上の手順で設定をいじってもらえれば、楽天カードでも一括返済でき、他のカードと同様、低コストで海外キャッシングすることができます。

使い勝手のいいカードですので、コストを抑えてお得に海外旅行しましょう!

楽天カード以外にキャッシングで強制的にリボ払になるクレジットカードは聞いたことがありませんが、だいたいこのやり方で解決できると思いますよ。

一手間加えるだけでリボ地獄から脱することができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・楽天カード

楽天カードは年会費無料で、学生さんや主婦さんにも作成可能な使い勝手のいいカードです。
楽天市場を使うことでポイントも貯まりますし、ぜひとも持っておきたいカードですね。


・楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカードは年会費が10,800円と高額ではるものの、トラベルコースでは手荷物が年間2個送迎無料に、無料でプライオリティパスを付帯させることができるなど
メリットがたくさんあります。



www.tabiblog.jp
www.tabiblog.jp