読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

大学生よ自分で稼ぐ力を身につけろ!選択肢は会社員だけではない!

オピニオン

先週のビジネスジャーナルに
「中年男性の7割が人生つまらない」という、
記事が掲載されていました。

誰しも人生に悩むとは思いますが、
7割も「つまらない」と回答するとは…

人生がつまらないと思う原因は何か?

f:id:kitaji27:20160607131014j:plain
大学卒業後に就職してからは、
大学の同期や会社の同僚たちと、
飲みながら会社の愚痴や今後の生活について
話すことばかりでした。悲壮感漂わせて。笑

本当病んでましたねあの時の自分は。

35~49歳の中年男性300人を対象にした調査では、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」という回答が72%にも達している
中年男性の7割が「人生つまらない」…「普通の人生」に潰され、家族のためにひたすら働く | ビジネスジャーナル

自分の人生なのにこの結果は寂しいですね…。
目をそらして酒で忘れたふりをしても
現実は何も変わりませんので、
何度も何度も真剣に考える必要がありますね。

われわれ日本人の男性の多くは、
新卒で学校を卒業したらすぐに正社員として就職し、
9:00~18:00を最低限の勤労時間とし、
週5~6日ほど40年間続けていくのが
「当たり前」として働いていく方がほとんどです。
これに漏れなくサービス残業や休日出社という
合わせ技もぶちかましてくる会社もあります。


会社員として生きていきたいなら、
自分にあった会社を選びましょう。
この時代いくらでも情報は出てきますから。

残業や休日出社が苦ではないという方は
相当強いと思いますが、私にはできません。笑

同じことの繰り返しの毎日はごめん!!
自分の好きな事をして生きて行くんだ!!
と言っても、たいていの家庭では、
結婚して家族を持てば稼ぎ頭として期待されるため、
生活費、教育費、さらには家のローンが重くのしかかり、
今さら道を外れることは難しいようです。

ん〜独身でよかった。
いや将来は結婚したいですけどね。
いまは諸事情により何もしてませんが、
私も鉄道会社辞めたあとは、
海外に暮らし、物販などで生計を立てていました。

おそらく自由になるお金も時間もないのでしょう。
多くの男性が抱える漠然とした不平不満の中には、
「卒業→就職→結婚→定年」という、
「一本の道を、ひたすら歩み続けるのが正解」
といった風潮が原因なんですよね。

日本社会の何が問題かというと、
生きるための選択肢が少なすぎるという事でしょう。
もっとも、それは本人たちが思い込んでいるだけで、
いろいろ選択肢自体はあるのです。
これは後ほど紹介します。



王道のルートを踏み外すとどうなるか?

王道のルートを歩み続けることは、忍耐の連続です。
しかし、忍耐を続けるからこそ得られるメリットも。
代表的な例では、厚生年金ではないでしょうか?
これは、フリーランスや個人事業主の方には
かなりポピュラーな話題だと思います。
会社員を続けていれば、これが老後期待できますし、
会社員以外は、納税していないので貰えません。

金銭面で大きく差が出るのは明らかです

自分で稼ぐ能力がある方はいいですが、
それが難しいという方は、無条件で
サラリーマンや公務員などに就くしかありません。

現時点で稼ぐ力がないなら、
勉強して身につければいいんですけどね。

将来が不透明なのは嫌だ!という方は
サラリーマンを続けたほうがいいです。
辛いですけど将来計算できます。

自分で稼ぐ力を身につける。

サラリーマンって向き不向きがあるので
我慢してる人がえらいって風潮ありますが、
合わないなら辞めて自分で仕事すればいいんです。

このご時世アルバイトでも食べていけるし、
政府が生活保護で救済してくれる世界です。
某市役所でバイトしていたときに知ったのですが、
生活保護の方の方が所得多いなんてこともありますよ。

生活保護に関しては賛否両論ありますが、
これがいまの日本社会なんですよね。

自分で稼ぐのは相当努力しないと厳しいですけど、
大学四年間あれば相当時間にも余裕あります。
いろいろ勉強できますし、起業だって可能です。

早稲田に入ったにもかかわらず、
新卒を捨ててフリーで活躍する
八木仁平さんが有名ですが、
こういう道もあるのです。
www.jimpei.net

20代で投資で不労所得を得て、
生活している方もいます。
海外を視察したりお金を回すことを
考えて行動されていますね。
20sinvest.minibird.jp

少し探せば身近にこれだけ
自分で稼いで食べている人がいるのです。

自分が知っている知識・情報が
全部と思わないことですよね。

私も八木さんやイケハヤさんの
ブログに出会ってから考え方が変わりました。

自分の可能性を広げるために
生きた勉強をしていきましょう!