読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

賄賂祭り!?東南アジアの警察の賄賂事情を暴露!

マレーシアは昨今治安と気候の良さから
定年退職者のセカンドライフ滞在先として
非常に人気のある国なんです!

私も居心地のよさを感じています。

本当に治安がいいのか?と言われると、
東南アジアの中ではいい!
と、言った程度なのが現状ですが。
www.tabiblog.jp

運転が非常に荒いので、
自動車同士ゴッチーン!というのは
何回かみたことがあります。
www.tabiblog.jp
上の記事は主にベトナムの交通事情ですが、
まぁこの国も近いもんはあるので。

事故ると当然警察のお世話になりますよね。

警察≠誠実な方々

f:id:kitaji27:20160531122931j:plain

マレーシアの公務員はおもに
マレー系で構成されています。

軽くおさらいしておくと、
マレーシアは多民族国家ですので、大まかに
・マレー系
・インド系
・チャイニーズ系

といった感じに分かれています。
本当はもっと多いですけどね。

流れなのかマレー系しか慣れないかは
定かではありませんが、
公務員系はほとんどマレー系らしいですね。

警察も例外なくマレー系で構成されていて、
ここの国では日本のように
「正義の味方」とか「頼れる存在」というイメージは無いです。

警察が腐敗しているということも良く聞きます。

もちろん全員ではありませんが…
マレー系の人達がそれほど真面目ではない
というのはマレーシアに住んだことのある人達の
共通の認識ではないでしょうか??

一応働くけど…

彼らの名誉のために言っておきますと、
まったく仕事をしないのか?というと
そうでもありません。

いま問題になっているイスラム国の
テロ未遂なんかは事前捜査で犯人を特定し、
ちゃんと逮捕し国家の安全を保持しています。

普段おまわりさんの働きぶりを見ていた私たちは
「あっマレーシアの警察て意外と働いてんるんや」
って印象を受けたのを覚えています。笑


そうです、警察のトップのほうは優秀ですが、
おわまりさんがとにかく酷いのです。

「あっ事故ったの?めんどっ…」
「とりあえず言われたからやっときますわ〜」
程度の仕事ぶりなんですよね。
まぁストレスためないコツなんでしょうけど。笑

現地にずっと暮らしている人の話では、
トラブルがあっても程度によっては
呼んでも来なかったりするみたいですよ。

マレーシアの警察が本気になる瞬間

そんな彼らが一生懸命仕事をするときが、
スピード違反無免許運転の取調べです。

なぜかと言うと…小遣い稼ぎです。
賄賂が集められるからですね〜。

マレーシアでは警察=賄賂というイメージが定着してますよ。

まあ、誰かれ構わずお金を巻き上げるのではなく、
違反した者からお金を取ってはいるので、
とめられた方が悪いんですけどね。

以下、私のマレー人の友人が体験した体験談です。
(例1)
酔っ払ってる状態でドライブしちゃって
警察に止められたそうです。
日本では完全にアウトですねー。
場合によっては実名報道です。
警察「飲んでいるよね〜わかってる??」
友人「ごめんごめん〜50RMでいい?」
警察「…今度から気をつけろよ」

(例2)
これは友人の友達らしいのですが
警察「おいおい免許持ってねーだろ!」
友人「う〜んごめんなさい汗」
警察「…お前も紳士、君も紳士。わかる?」
友人「さんきゅー!はい50RM」

ありえないですよね日本じゃ

しかし、ベトナム駐在者とかタイ駐在者の
話を聞いたところ、もっと酷い。
マレーシアはまだマシな方ですね。

賄賂渡したら免許取れる国もあるようですよ。

ちなみに賄賂に相場はないですが、だいたいRM50ぐらい。
多く払いたいくない時は財布にあまりお金を入れない方がいいようです。

取調べが強化されるのは、旧正月やハリラヤなどの
祝日前だと言われています。祝日の出費に備えて、
お金を引き出す人が多くなるからだそうです。

賄賂ありきかいっ!!!

ということで、現地の警察事情です〜。
あまりあてにしていると、いつか痛い目見るので、
賄賂なんかやめときましょう。