外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

海外移住の難問?日本人コミュニティとの適度な距離は必要なようですよ

海外へ移住したい方は、
・日本社会に馴染めなかった
・日本での残業続きが耐えられなかった
・ストレスの少ない国でのんびり働きたい
・海外での生活に昔から憧れていた。

といった方がほとんどではないでしょうか?
先日タイに住む日本人の方に、
現地法人で働く方(以下Aさん)に
海外移住に関してインタビューをしてきました。
「たしかに!わかる!」
といったことがいくつか出てきました。
f:id:kitaji27:20160523110305j:plain

日本人コミュニティという集団

海外移住は楽しいことばかりではありません。
ビザの問題・住居の問題・言葉の問題.etc....

Aさんも最初は分からないことだらけで、
日本人移住者の先輩方に色々と
手助してもらったそうです。


今回紹介する日本人コミュニティ問題は
移住者にとって避けて通れない道ではないでしょうか。
f:id:kitaji27:20160523110316j:plain

様々な事情、様々な職業の人たちが
狭いコミュニティに属し、不慣れな海外で足並みを
揃えようというのだから無理が生じるのも当然です。

わざわざ苦労して移住した海外でそんな人間関係に
疲れ、帰国する日本人は後を絶たないようです。

すぐに帰国する方の特徴

Aさんが苦笑いしながら語ってくれた
すぐ帰国する方の特徴を紹介します。

例 1
Aさん「タイでの働き方があってますね〜
    過度な残業や休日出社もないですし。」

日本コ「気持ちはわかるんだけどね〜
    そんなことじゃ日本じゃ通用しないよ?
    きみは日本人なんだから自覚もったら?」

Aさん「(いや…ここ日本じゃないし)」

例 2
Aさん「今日会社でこんなことあったんですよ〜
    国民性の違いっておもしろいですよね!」

日本コ「日本だと真逆なのにね〜。
    日本人ってこうでなきゃいけないよね。
    だからこの国のやつらは…etc」

Aさん「(あんた何しに来たんだよ…)」

とまぁこんな感じらしいです。
ほとんどがリタイア組だそうですが、
すごい納得です…。

マレーシアでのコンドミニアム生活でも、
日本人のリタイア組の方が越してきたのですが、
「日本人とはこうでなきゃいけない!!」
「日本社会ではこうなのにこの国ちょっとねぇ…」
などと発言していることが多かったです。

馴染めないですよそんなこと言ってたら

結果、現地の文化を吸収するグループと
日本文化を忘れられないグループとに分かれ、
無理な人間関係で些細なトラブルが起こり、
時には周囲を巻き込んだ諍いに発展する
ケースもあるそうです…。

海外移住するなら現地文化を受け入れよう

Aさんはこれまで仕事の都合で、
タイ・オーストラリア・シンガポール
韓国・上海・マレーシアと移住してきたそうですが、
これまでに出会った中で、馴染めなく帰国した方は、
その国の文化を受け入れられなかった方々だそうです。

海外で暮らすのであれば、
・日本クオリティを期待しない
・日本サービスなんてありえない
・外国人として異文化を受け入れる

最低でもこの3つのことを
頭においていかなければ
暮らしていけないと仰ってました。

特に東南アジアへ移住を希望する方は、
物価が安いからという安易な理由で
移住するのだけは止めましょう!

文化が大きく異なるので、
そのことを頭に入れておかなければ
失敗してしまいますよ〜。

完全に距離を置く必要はないですが、
日本人コミュニティとばかり連んでいると、
日本感が抜け出せません!

まず語学力なんかはつきませんね。
現地の友人を作り、文化を学び、
文化共生していきましょう!
適度な距離を保っていきましょう。