読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

LCC最大手のエアアジアを積極的に使おう!気をつけるべきポイントも紹介

今回はエアアジアの紹介です。

 

f:id:kitaji27:20160406133655j:plain

 

LCCの中では比較的使いやすい

キャリアだと思います!

 

LCCで一番有名なのが
エアアジアですよね。

偉そうに書いてますが、
エアアジア乗るときに
欠航になったため
手続きしただけで
まだ乗ってません。苦笑

 

羽田ーKLIA2と

KLIA2-ペナン島

フライトしました。 

エアアジアの注意点

エアアジアは他の海外のLCCと違って

日本語版のホームページがあります。
語学力に乏しい私には有難いです。

 

日本からの就航便も多く、
羽田、成田、関西国際空港新千歳空港から
中国、韓国をはじめ拠点のあるマレーシアなど
アジアやオセアニア地域へ運行しています。

 

LCCのため機内では水すら有料です。
ANAJALなど大手の飛行機では
水やコーヒーなど無料で提供されますが、
基本的にはすべて有料です。

 

これがLCCなんですけどね。

 

チェックイン後、搭乗ゲートに入ってから
購入したものに関しては飲食ができますから、
そこで調達しましょう!!

 

アホみたいに高いですが……。

エアアジアを利用する際に
一番気をつけなければならないのが、
機内持ち込み荷物が有料だということです。

 

エアアジアの料金体制は通常大きく分けて2つあります。
・プロモーション(キャンペーン価格)/ レギュラー
・プレミアム フレックス
です。

 

プロモーションというのは期間限定の価格です。
適宜ホームページをチェックしましょう。


私もフライト時には
このプランを選択しました。

やはり割高ですが…。

プレミアム フレックスの特典は
以下の通りですね。
(出展:エアアジア

・予約変更
 便は2回まで変更可能。
 運賃の差額は別途発生。

・もっと積めます
 受託手荷物の無料重量枠:20 kg

・選べる座席
 無料で座席指定ができます。

・優先搭乗
 優先搭乗で時間を有効活用!

・AirAsia BIGポイント
 RM1 = 1 BIG Point

・プレミアムフレックス専用カウンター
 便利な専用カウンター

機内食
 無料の機内食

・手荷物優先引き渡し
 到着時、優先的にお預け入れ手荷物を
 受け取ることができます。

・エクスプレス 入国審査
 マレーシア Kila2、セナイ国際空港、
 クチン国際空港では専用入国管理カウンターを利用できます。

 

 

こんな感じですね。
普通の航空会社の
エコノミーレベルにはなります。

 

値段も同等より少し安いくらいですかね。

韓国や台湾へ行くくらいなら
我慢できますけど、
マレーシアまでの距離だと
このサービスを使いたいところです。

 

ちなみに荷物についてですが…

プレミアムフレックスを選択すれば、
預入荷物は20キロまで無料ですが、
レギュラー価格ですと同じ20キロで2,500円かかります。

事前に支払っておけばこの価格ですが、
当日払いだと4,000円で割高になりますので、

 

チケット購入時にサイトで
あらかじめ申請しましょう。

 

預入荷物の料金体制です。

重さ15kgまで:2,000円
重さ20kgまで:2,500円
重さ25kgまで:3,500円
重さ30kgまで:5,000円

 

手荷物は7キロまでなら、
どの運賃体制でも無料ですが、
少しでもオーバーすると1キロ4,000円という
高額を請求されてしまいますよ。

 

日本人特有の言えば何とかなる
精神は通用しないので気をつけましょう。

 

時間が来ても呼び出しのアナウンスはしませんし、

さっさと搭乗ゲート閉めて

駆け込みで行っても開けてくれません。

 

一度日本人の年配の方がそれで

激昂していたの見たことありますが、

無理なもんは無理ですからね…。

 

システムエラーも頻繁に起こります。

私は友人とペナン島に行った際に、

キオスク端末で航空券を

発券しようとしたら、

システムエラーで、私ともう一人の方の

名前が反映されなかったことがあります。

 

控えメールではしっかりあるので、

それを主張してカウンターで

発券してもらったことがあります。

控えのメール削除しちゃダメですよ!!

 

コスト抑えてるからでしょうか?

アプリやウェブも頻繁にエラーが起こります。

 

それも納得できる方だけ使いましょう!