読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

奨学金返せない問題についての一考察。奨学金って給付以外はローンなワケです。

雑記 オピニオン

今年の頭にTVで色々と話題になっていた
奨学金返せません問題ですが、
色々と思うことがありました。

いやいや返せませんってあんたら…。

私も大阪にある私大を出ているのですが、
例に漏れず奨学金を借りていました。
年間に10万円前後の額を
一括で返していますよ。
そりゃ額だけ見れば痛いのですが、
借りてるものなので返さないとね。

高校出た大人が、借金します!
と同意してサインしているんで、
返せないってのはちょっとフザけてますね。

そら給付の方が欲しかったのですが、
実際にそこまでの実力がなかったから
給付の奨学金も学費免除にもならなかった訳です。

奨学金返せない!と言っている方、それ借金ですよ。

TV見ていてビックリしたのですが、
以下のような発言をする人が多いのです。

「50歳を越えても返済が続く。とてもではないが、結婚や出産は考えられない」
「返済のためにアルバイト漬けになってしまうので、大学を中退せざるをえなかった」

奨学金と言えば、世界標準ではスカラシップ、すなわち返済不要の給付型のものを指すのが一般的だ。

しかし、日本の場合は海外留学向けのもの以外は原則として貸与。平たく言えば、学生個人が負う借金である。

いやいや…お金借りる時に
しっかり契約書読んだでしょうに。

奨学金を申請した時はみなさん
高校生だと思うのですが、
高校生だったらわかりませんかね?
奨学金=ローンだということ。

どのように記載されているかは
大学や貸してくれる組織によって
まちまちだとは思いますが、
絶対に書いてあるんですけどねぇ…。
同意できなきゃサインしなきゃいいんです。
もう大人なんですから。

おかしいと思うなら借りなきゃいいんです。

学費免除や国公立、卒業後に公務員という選択

一番ビックリしたのがこれです。

大学卒業後もFランと呼ばれる大学を
出ているため就職先がいい所に行けず、
稼ぎも少ないからとても返せない

うーん…。家計が苦しいんなら、
高校卒業後バイトしながら勉強して
学費免除や返済不要な奨学金を勝ち取るか、
一浪・二浪してでも国公立へ行くべきでは?

現役で入学しなくてはいけないなんて
ルールはありませんからね。

私の周りにもたくさんいますよ。
費用の面から二浪してでも国公立にこだわって
見事に合格して就きたい職についている人。

たしかに高校の中でも結構下にいた子ですが、
浪人期間にかなり努力したんでしょう。
国公立でもレベルの高いとこに入れてました。

大学の同期では1ランクレベルを落としてでも
給付型の奨学金を貰えるからと
私と同じ大学に入ってきた人も何人かいました。

いまではというか、国公立だからって
難関大学ばかりじゃないですからね。
えっ?という点数で入れたりもします。

調べりゃたくさんありますよ。ほんとに。
意味があるかないかはその人の判断ですが、
お金の面だけで言えばね。

上記で言及していた「Fラン」
て何を基準に言っているか不明ですが、
それならこつこつ準備して卒業後は
安定した公務員を目指すなりできたでしょう。
公務員試験って一部除いて平等ですよ。
ほとんどの所コネとか通用しないので、
試験はちゃんと見てくれますからね。

これを勉強したい!
ここに入らないとできないから
奨学金を借りてでも入学しました。
という方はとても理想的です。
また、家族や自分が病気になって
働けない・収入がないので返済が困難
って場合は嘆くのも分かるんです。

働けなきゃ誰でも返せないんでね。

「やっぱり大学は出ときたかった。
 でも奨学金でこんなに苦しむなんて…」と
発言している人を見たときは衝撃的でしたね。

分かるでしょうに。
奨学金はローンだって。

卒業後返済にひぃひぃ言わなきゃいけないレベルの給料しかもらえないなら、大学行かなくても良かったんじゃないかなと思う。
もちろん、給料ですべてが決まるわけじゃないし、やりがいも大切です。大学出ることに意味があるのは、初任給を見てもわかります。
とはいえ月数万円の余裕もない生活をするんだったら、高校出て働いてた方が建設的じゃないですか?

奨学金返せない問題。だから奨学金は借金だと何回言えばわかるの? - ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ほんとこれです。

借りたものは返しましょう。

借りたら返す、
返せないなら借りるな。

これに尽きると思います。

特に問題だと批判されるのが、返還期日を過ぎた場合のペナルティである、延滞金の存在だ。

ペナルティの利率は10%だったものが、2014年に5%に下がったが、その負担はまだまだ大きい。
延滞に陥る人の多くは、返したくても返すあてがないわけだが、こうした延滞金を付加されてしまえば、負債額が膨らんで先が見えない状況に追い込まれてしまう。

そもそも、教育の機会均等を目的とするはずの奨学金に、ペナルティとしての延滞金を課すこと自体に反発の声も大きい。

義務教育を抜けた大人がこう発言しているのには
いささかビックリしました。
借金なんだから滞納したらペナルティあるでしょうに。

「いい大学にいきたい!」っていうんなら、
死ぬほど勉強して目指せばいんです。
それでもダメなら浪人すればいいんです。

卒業後に数年年働いてから
大学入ってきた人も何人もいますからね。

借金借りてまで「いますぐに大学に行きたい」のなら、
借りたもんは返せるような人生設計しましょう。