外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

東南アジアに住んでいる方はメイドを雇うのが一般的!?マレーシアを例に挙げてみましょう

マレーシアの友人から、
「日本にいるときメイドって
 月いくらで雇ってたのー?」
と聞かれたことがあります。
それも2~3回。


「…は!?メイドっ!?
 いるかそんなもん!!
 一般家庭だわうちは!」
と回答して差し上げました。

「は?そうなの?
 俺ら一般の家庭でも
 みんな雇ってるよメイド」
と衝撃的な事実を告げられました。

気になったので色々と調べてみました。
f:id:kitaji27:20160427090930j:plain

マレーシアへの出稼ぎメイド

1, 近隣諸国からマレーシアへ
目覚ましい経済発展を遂げている
マレーシアのご家庭では、
夫婦共働きという家庭が多いです。
というより、ほとんどが共働きです。

日本と違って残業がほとんどないから、
これでもうまくいくようですけど。

さて、というわけで日中は
夫婦共々家庭にいないのです。

誰が掃除や洗濯をするのか?
そこでメイドさんを雇うのです。
島国日本と違って、
他の国へ仕事しに行くということに
関してそれほど抵抗がないようで、
メイドさんの国籍だけ見ても、
タイ・バングラディッシュ・ブルネイ
フィリピン・カンボジアミャンマー
これだけの国の方々がいらっしゃいました。

2, メイドさん派遣業者
出稼ぎ労働者の多くが、
1~2年の契約でマレーシアに訪れます。
日本でいう契約・派遣社員さんたちですね。

仲介エージェントや直接のボスとなるのは
殆どが中国系の方々たちのようです。

上記で様々な国籍の方がいると申しましたが、
メイドといえば主流はインドネシアの方。

しかし、最近では事情が変わり、
法?規制により人材の確保が難しくなり、
フィリピンの方が増えているようです。

メイドさんは大きく
・住み込みのメイド
・パートのメイド
の2種類に分かれるようです。

△住み込みのメイドさん
住み込みのメイドさんは、
1家庭に1人~2人と決まっており、
エージェントを介して手数料、
航空券を家主が支払うようです。

相場は一人あたり6000RMほどです。
住み込みメイドの給料は一ヶ月2万円程です。

お子さんがいる家庭では、
家事の他に、幼稚園や小学校までの
送り迎えなんかもしてもらうそうです。

△パートのメイドさん
基本的に単身者は住み込みの
メイドさんを雇えません。
まず部屋がないでしょうしね。
そういう方はのメイドさんを雇います。
オーナーの中国人に直接電話をし、
オーナー側の送迎込で
4~5時間50~70RM=1,700~2,000円程。

家事全般を引き受けてくれます。
交渉次第では夕飯なんかも
作っておいておいてくれるそうです。
私が住んでいるところは、
週に2日ほどメイドさんが来て、
風呂・トイレの清掃と、
各部屋の簡単な清掃、
ゴミ捨てをしていってくださいます。

3, トラブルも頻発するそうです。
メイドさんを雇うのが
ポピュラーなマレーシアでは、
メイドさんへの扱いは
必ずしも良いとは言えず、
多くは小さな部屋があてがわれ、
食事も簡素なものなんてことも。

家主による虐待なども問題になっているようです。
(これは大問題だと思うのですが…)
対して盗みを働くメイドさん
突然フェードアウトしてしまうメイドさん
中国人エージェントとグルになり
雇用主を転々と変えて手数料のみを
だまし取る詐欺などもあり、
メイドさんに関する問題は尽きないようです。

知り合いの方は、食事を作ってもらうそうで、
スーパーの買い出しなんかも任せているみたいですが、

・レシートに記載のお釣りの額と
 返されたお釣りの額が合わない
・お皿が数枚ずつ消えていく
・ひどい時は時計が消える

こんなことも起きるようですよ…。

まとめ

上記でネガィテブなことも書きましたが、
決して悪い人ばかりじゃないので
誤解はしないで頂きたいのですが、
こういうリスクもありますよ〜
という紹介で。

夫婦共働きの家庭などは、
メイドさんの手を借りないと
辛いな〜と思うことも多いそうです。

日本にない文化ですので、
イメージがつかないと思いますが、
東南アジアに暮らすのであれば
メイドさんを雇うのもありだと思います。

ていうか、日本にもメイドさん文化を
もっと浸透させれば色々と問題は
減っていくと思うんですけどねぇ…。

まあ日本では厳しいでしょうけど。

メイドさんを雇う場合には
Win-Winの関係になれるように、
しっかりとした関係を築いていきましょう!