外資系セールスマンの備忘録

意識低い系外資系サラリーマンの海外旅行記やノマド術を紹介

タイ国鉄に乗ってバンコクからアユタヤまで行ってみよう!タイの駅構内も合わせて紹介しましょう。

2月のチャイニーズニューイヤーを利用し、

タイのバンコクまで旅行に行きました。

  

バンコク市内の観光もいいのですが、

せっかくタイに行ったなら

アユタヤも見ておきたいですね。

 

 

 

本日はバンコクからアユタヤまでの

アクセスについて書こうと思います!

 

 

タイの国鉄を使おう!

ちなみになのですが…

このフワランラポーン駅から

乗車できる鉄道は、

BTSやMRTとは違いディーゼル列車です。

 

タイ国鉄はタイ全国をつなぐ

JRのようなものですので、

タイのどの県でも行く事が可能です。

 

しかし、遅れたり故障で

欠航となることが多いです。

私も帰り道1時間30分遅れました…。

 

タイトなスケジュールの方は

決しておすすめできません。笑 

 

 

まずは最寄りのホテルから

MRTなどを利用して

国鉄のフワランポーン駅まで行きましょう。

ちなみにタクシー利用される方は

バンコク駅でも通じると思います。

 

MRTで行かれる方も隣接しているので

フワランポーン駅で降りてすぐです。

 

 

私もスクンビットからMRTを利用して

フワランポーン駅へ到着しました。

 

 

駅構内はこんな感じです。

 f:id:kitaji27:20160409163402j:image

 

f:id:kitaji27:20160409163507j:image

 

 

結構座席数ありましたね。

なんかお坊さんが座る席とかも

設置されていましたよ。

タイ語なんでわかりませんでしたが…。

 

かなり広くて綺麗ですね。

ちなみにいくつか売店があります。

 

 

アユタヤまでは2時間ほどかかるので

しっかり水などを買っておきましょう!

 

一応走行中に物売りがきますけど、

少しばかり高いと思いますよ。

 

 

運賃はいくらなの?

駅構内の窓口で

「アユタヤ!」といえば

勝手にチケット作ってくれます。

特急を使う場合は値段が

かなり上がります。

使わない場合はしっかり

普通列車」と主張しましょう!

 

ちなみに特急乗ったら

お弁当ついてた気が…。

(たしかですが…笑)

もちろん特急の場合は

クーラーもついています。

 

 

2時間近くも列車に揺られるとなると

結構値段もするのでは?

と思っていたのですが、

かなり安いです!

 

こちらです。

 f:id:kitaji27:20160409163639j:image

 

15バーツ!!!

(50円くらい)

 

まさかでしたね〜。

普通列車ですので、

ちょいと小汚いし、

クーラーもありませんが、

風きって走るので、

窓開けてればそんなに

気になりませんでした!

 

ディーゼル車なので

窓開けてたら匂いますけどね。笑

 

 

ローカルな風景

こちらがホームです。

かなり広いですね。

f:id:kitaji27:20160409163855j:image

 

 f:id:kitaji27:20160409164113j:image

編成両数も長かった…。

 

駅のホームで散髪する方がいたり。

 

f:id:kitaji27:20160409164243j:image 

ちなみにこちらがアユタヤ駅です。

 f:id:kitaji27:20160409164459j:image

 

壮大な駅を想像している方が

多いかと思いますが、

すごいこじんまりとしてました。

 

砂埃すごかったなぁ〜。

 

炎天下で暑かったので

アユタヤ駅近くの売店で

ココナッツを買い、

水分補給しました。

f:id:kitaji27:20160409164632j:image